人気ブログランキング |

タグ:hoodie ( 14 ) タグの人気記事

1シーズンに1着くらいは納得の行くもの

フードのスピンドルのホール位置が指示と違うとか
スピンドル自体もちょっと細かったなぁとか
SCブランドにしてはオーバーサイズにし過ぎて
一般の方には着辛かったなぁとかありますが
肉感がガシッとしていて  僕自身はなかなか気に入っております。


a0275477_15432490.gif
あと色も絶妙だったね。

これが5千円ちょいなんだからなぁ…
もっと売れてください。




***




昨晩はfoof、Anityaのデザイナーと3人で飲み。

今年に入って1番収穫のあるお酒でした。

幾らかでも酔っ払って欠落してしまった話や、
気持ちがあったのかなと思うと  とても残念。


僕は雇われデザイナーですが
独立したそれであっても  小売やPR、スタイリストなど
また違う、周りの人達との折衝や苦労があるんだなぁ。

売る為の商品づくりと、
自分にしか出来ないクリエイトの在り方やバランスも考えないといけない。
(それは僕も同じだけれど)


あと
僕ら世代は、上の世代が作ったシステムやカルチャーに乗っているだけで
それじゃあいくら頑張っても幾らかは余計なお金が出てしまったり、
ブランドとしての強度が弱かったりするよね。とか。




取り敢えず、名古屋での話もあるし
パターンはイラストレーターで事足りると結論付けました。

早くパソコン買おうか。



by tspacemen | 2018-10-18 08:21 | wardrobe | Comments(6)

秋冬スウェット増えすぎるんじゃねぇか説

気温は30度を上回る中
真冬の企画を考え
春夏のコレクションから何を買おうか皮算用をし。

もうサイクルぐちゃぐちゃ。


a0275477_08004804.gif
冬物も数着オーダーしていますが
まだちょっと足りて無い感じ。
(足るを知るべし)

パーカ大好きフーディーマンの名を欲しいままにしている僕ですが
来期はこれが気になる。


a0275477_08063541.gif
今や世界的ブランドとなったダブレットのもの。

テクニックと発想は素晴らしいけれど、
欲しくは無いよね。

て言う絶妙に悔しい距離感でしたが
この一着はいいです。


a0275477_08121097.gif
どうも刺繍らしいのですが  光沢糸を使ったクロスステッチですかね?

いいなぁ。マトリックス感強め。

サイトurlはwww付いていないから、
刺繍されたページは存在しないのかしらん。


いささかふつうのプリントものにも飽きてきた気がしないでもないので
こう言うテクっているものは良いです。

高そうだけれどね!

(けれどスポーツウェア全般に飽きた感もある。
E Tautzのシャツ欲しい)




さて
仕事のブランドの服も数点
自分の求めるクオリティに限りなく近付いて来たため
製品が無茶苦茶にならなければ買おうかなぁなんて思っていますが
果たしてどうなりますか。



by tspacemen | 2018-07-11 08:28 | fashion | Comments(0)

シズチャニズムと…

そして世の常識として
安価なアイテムはまとめて買って送料を割るべきなわけでして。(妄言)


a0275477_08291216.gif
色ち買い。
強烈なジャイアニズムを感じるオレンジ。

ま、流行りの色を揃えた訳です。

セーフティーグリーン (蛍光グリーン) も非常に欲しいのですが、
どこも在庫切れで  今回はスルー。
次の機会に買おう。




なんと言うか、
(手に取りやすい) トップスのサイジングを大きく
っていう流行って上手いですよね。

それをメインで着られる季節は良いですけれど、
寒くなったらどうしたって  それに合うアウターを探さなくっちゃいけないわけで。

まさかワンシーズン限りでもうデカイ服着ない、
なんて勿体無いことはなかなか出来ませんから。


で、
やっと揃ったら今度は細身に…
と言うわけで
やっぱり物欲には終わりがないんだろうなぁ。




ところで
今日ピンクの方を着ましたが、
気の抜けたコーディネートのせいで芋臭さ満点な上に、
ピンクのトップスの人を5人くらい見かけて恥ずかしかった。

オレンジは気合入れねーとな…



by tspacemen | 2018-02-27 08:27 | wardrobe | Comments(0)

時代はインナー先行のサイジング

スウェットにカットソーに

でかいサイズのものばかり買っていますが、
軒並みアウターと袖の太さがあっていません。

こうなると
いよいよアームホールの広いアウターが欲しいなぁ。
物欲は膨張を続けている説。


a0275477_08035751.gif
そしてまた  そんなアウター事情に圧を加えて来る1着。

ゆったりとしたカラーパーカが欲しかったところに
Gildanの裏起毛、XLサイズ。
身巾、袖巾ボコーンで最高。
ポップ過ぎないピンクのカラーリングも素敵です。

着丈はそこまででもないアメリカンなシルエット。
(彼ら胴が短いってこと?)


コットンポリ混紡ですが、
本当だったら、長い事着て味の出る  綿100%が良かったなぁ。
綿信者なもので。

ブランドもチャンピオンか、あるいはキャンバーだったら…


…けれど
仕事で使ったり、ライブの物販だったり、
この頃何かとギルダンを目にする機会が多くて
すっかり洗脳されました。

お値段も1890円と破格だし。
そうよこれが決め手。




ほぼファストファッションは買いませんが
価格帯は同じでも、こう言うボディメーカーは信頼できて好き
て言うのも何か妙な話ですね。

まあ、餅は餅屋、ということで。



by tspacemen | 2018-02-26 08:38 | wardrobe | Comments(0)

あるべき姿になるべき時期か

ほんとどうでも良いことですけれど
いたずらに髭を剃り落としたら、
びっくりするくらい若く見えてしまって困っています。

あと顔のトリミングがなくなってみると
思っていた以上に丸顔で
もしや太ったのではないかと。


確かにこの数ヶ月、
食生活は乱れに乱れていたからな…

年内になんとかシュッとなるように
筋トレ、ランニング、
頑張らないと。




さて届いて2ヶ月くらいだったでしょうか?
City秋冬ものその①


a0275477_08015159.jpg
裏毛のパーカ。

オーダーしてから気づきましたけれど、
Anityaでもグレーの裏毛ものをオーダーしていて、
昨年も赤系色のニットが被ったし
どうもシーズンごとに共通点のあるアイテムばかり収集する癖があるみたい。


a0275477_08003077.jpg
裏起毛になっているのでとても暖かい。
上に何か羽織れば真冬も (僕は) いける。

グレーのパーカは結構持っていますが、
裏起毛は無いから…


a0275477_08022034.jpg
デザインポイントとしてはこのスピンドル。

あまり見かけない、薄い平紐が通してありますがこれは


a0275477_08031010.jpg
リフレクターになっています。

個人的・リフレクターブームは去りましたが
それでもやっぱりうれしい。


前下がりの深さが新鮮で、
そこらへんも他のものでは見られません。


a0275477_08042965.jpg
右の袖口にはどこかで見たことのあるような、
いややっぱりないような、
そんな素敵な刺繍が入っています。

ちょうど握手するときに相手に見えるように。


刺繍は同じ専門だった友人がひとつひとつ手作業で入れたそう。

すっごい。




サイズは1番大きいのを選んで  バコッと着用。
とても良い感じです。

スウェット系のアイテムはかなり充実して来ました。
黒、赤、あとは差し色になるようなものがあれば
ほぼほぼ困らないかな?


金銭的制約により自由に買い物ができなくなったことで逆に
自分に似合う服装に  欲しい服が収束して来ているような、
そんな感覚のこのごろ。



by tspacemen | 2017-11-04 08:59 | wardrobe | Comments(0)

ピンチに限ってチャンス

a0275477_21540235.jpg

土曜日。

一息ついてから
いらない服を処分…


もとい、


現金ゼロ状態を脱出するために新宿へ。


有り難いことに 1/10 の価格で買い取りをしてくれる
某ブランド古着のお店に着いたのが 11:30。




うーん
開店まであと 30分。

待つのもアレだし
今日 Need Supply Co. で発売の
Vier Antwerp でも見に行こう…


とえっちらおっちら渋谷に移動して、
お店に着いたのが11:55。




開店と同時に入店して
黒のTシャツとキャップいいなー
今試着している人が終わったら着させてもらお…

と思ってたら背後で

「スミマセン、各一点ずつの入荷なんですよ」

の声を聞き
たまたま袖をいじっていたパーカを わっし とつかんで

「これ試着します (真顔) 」


a0275477_21540316.jpg

…で購入してきてしまった訳ですね。

いや、
お金がないから価格帯低めなアイテムを狙っていたのであって
ほんとのほんとなら
パーカ と ニットキャップ が欲しかったんですよ。

ニットキャップなんてそもそも入荷無かったけどね。


ぶっちゃけ
“Raf Simons お気に入りのスケートショップ”
て売り文句が無かったら買ったかね…あやしい
(そうよミーハー)

本国での価格を見たら悲しくなりましたが
(€90)
15000円で購入。

なりの作りかどうかは、知らん…


ボディは身巾は細めで縦長いシルエット。
ちょっとモード感ある。

肩がとがってんのが気になりましたが
もうこの際気にしない。


a0275477_21540475.jpg

プリントも至って普通のプリントですが
ロゴがいいですね。

イケてます。

スピンドル先は弾丸チップ加工。


a0275477_21540516.jpg


バックプリントもあり。

なんかいちいち品がいいですね。




結構嬉しかったりもしているのですけれど、
次の週末の旅行の出費で火の車になっているところに
油を撒いてしまう結果となりましたな。

ガンガン着まくって
春までに元取ってやろうと思います。



by tspacemen | 2017-03-28 23:58 | wardrobe | Comments(0)

定番のオリジナリティ(大好きで安心)

a0275477_12380420.jpg
もう少しで分割が終わる…!!
(リボは山盛り残っている)


a0275477_12380575.jpg
今期SAMSARAオーダー分の最後の一着は
定番のフードパーカ。

パーカーって伸ばさない派。あくまでも。


生地についてはこちらの記事で触れましたが、
つるっとして軽くてホントいいです。

光沢感もそんなに気にならなくなりました。


a0275477_12380646.jpg
こちらも今期より袖口、裾はリブ。

今期はトップス大充実だなあ…
アウター無しって言うのも珍しいですね。

ESSAYのシャツはアウターでいいような気もしますが。


うー、なんか欲しいバイ。




***




先日の日経ビジネスに書いてあった記事、
「買いたい服がない」
非常に興味深かったなあ。

商品の同質化、ニーズを顧みない展開、低コストの過剰供給。

渦中にいるだけあって、大いに納得&共感。

僕は服が大好きだけれど、
そう言う ネームくらいしか違いのないような服作りをしているところの商品には全く魅力を感じません。




でも不思議なのは
他人と服装が被っても残念に思わない人の多いこと。
(僕は結構イヤ。)

きっと今は、
自身を表すものとしての服はそれほど機能していないのでしょうね。


それよりも
どこで、何をしたか
(そして若干の悪意を込めて言えば、それらをインスタなどのSNSで発信すること)
のほうが
自分が何者で、
あるいは何者でありたいかを雄弁に語ってくれるのでしょう。


“物” じゃなくて “体験” のほうが重要な時代なんだろうなあ。
ライブ動員数は増えているのにCDは売れない、みたいなのもそうだろうし。









ブログを書きつつインスタを触ったりしている
僕が言うのであった。



by tspacemen | 2016-11-11 23:55 | wardrobe | Comments(0)

Samsara 「Hooded Parka」

引き続きサムサラ15-16A/Wもの。

クローゼットの中に かなりの枚数になってきました。

a0275477_00543075.jpg

定番の後付け風フードパーカ。
フードの大きさ、スピンドルの長さ
安心安全の1着。

ちなみに“パーカー”って伸ばさない派です。


綿麻の裏毛、綿ウール裏毛、ラッセルと
毎シーズン面白い素材使いで展開されるアイテムですが、
今シーズンはダンボールニット。

表と裏の組織が異なる二重編みの一種で
モヨンとしたふくらみと保温性が特徴…
なのか?


後輩の仕事の手伝いで少し触っただけなので 詳しいところはわかりません。

レディスに良く使われている印象。
(“レディース”って伸ばさない派でもある)



a0275477_00543195.jpg

よって裏糸の色を表とは別の色に出来る。

マルイ系ブランドのメンズのカットジャケットにも使われたりしますね。
裏ボーダーとか。

はっきり言って大嫌いです。


余談ですが 小田原で手を蚊に刺されました。


a0275477_00543188.jpg

左袖にはシグネチャーのマグネット。
もはやお馴染み。




春夏の横綱が白のTシャツなら
秋冬のそれはグレーのパーカだと
どこかで聞いた記憶は一切ございませんが、
汎用性の極めて高いアイテムですので
寒くなるにつれて活躍してくれる事でしょう。

フードがあると全体のバランスも取りやすいし。
(顔に迫力があるので被りはしません)




しかし手を突っ込むの大好き ポケッティストとしましては
カンガルーポケット付きのものも欲しいな…

やっぱりアンユーズド?


by tspacemen | 2015-10-15 00:55 | wardrobe | Comments(0)

Samsara Raschel Parka

a0275477_17134542.jpg

まだまだ続く、
サムサラ15S/Sコレクション。

続きましては定番のパーカ。


a0275477_17134755.jpg

今季はラッセル編み (チュールとかメッシュの総称) の生地を使用。

バリっ

とハリのあるコットン、
独特の着心地と通気性の良さがクセになります。
(いや、まだ寒いな)

色は やっぱり白なんだな。


a0275477_17134936.jpg

その生地感のお陰で
着用すると なんとも言えない立体感が生まれます。

これがコーディネートのいいアクセントに。




花粉旋風吹き荒れていますが、
早く袖を通したくてウズウズ…


今年もお世話になります!
by tspacemen | 2015-03-08 17:13 | wardrobe | Comments(0)

進歩無し!

10年ほど前の自分の写真が出てきた。
まだ栃木にいた頃の。


高校の放課後に友達とだべってる写真。

その数年後
多分年末 忘年会か何か、
みんなで飲んでる写真など。




アウター + パーカ + ジーンズにスニーカー

雪の中 鼻赤くして薄着で笑ってる。


a0275477_8275761.jpg

今も全然変わらないね。

Palace Skateboardsのプルオーバーパーカ、
堪えきれずに購入。


怪しい流行り方を見せ始めたようで 昨シーズンはスルーしましたが、
先日ふらっと原宿のSupremeに寄った際に見かけて…

生地の肉感とかプリントとかを思えば かなり強気な値段だけど、
でもやっぱりかっこいい。


a0275477_8275824.jpg

このロゴ抜群。

デッキのグラフィックもそうだし
映像に関してもそうですが
アンダーグラウンドな、
皮肉っぽいポップさがこのブランドの根底にはある気がします。


シルエットは意外な程、身巾が細く
選んだネイビー寄りのチャコールグレーと相俟って
かなりアーバンな印象。


a0275477_828222.jpg

フード裏は天竺地の二重になっており、
意外と気を遣っているようでもある。


まあこう言ったブランドは
作りに着目するよりも
カルチャー的にシンパシーを感じられる事が何よりも大事なんだけれども、
そこは癖として。




まんまストリートよりは
クラシカルだったり、コレクション寄りなアイテムと合わせて着ています。

かなり気に入っている。

やっぱりTシャツも 良いグラフィックの物がまた出たら買おうっと。




ネイビーの季節を経て、今はグレーが気分みたいです。

それと裏毛素材。



どのアイテムも平均的に買う、
と言う事がなかなか出来ない性分だということは理解したので

その時々の気になる物を気になるままに買って
局地的に食いつぶして行くようなワードローブの揃え方でも、
まあ良いか。

(肯定的な諦め)
by tspacemen | 2014-12-25 02:28 | wardrobe | Comments(0)