人気ブログランキング |

タグ:プリントネル ( 8 ) タグの人気記事

いやホラ、お金使うのも勉強のうちだからさ…

昨晩は専門学校を卒業後に広島で働いていた友達が
転勤で7年ぶりに東京に帰って来たので
(その間2度ほど会ったけれど)
新橋のガード下で飲んできました。

某セレクトの販売から店長、今回バイヤーに栄転
つう事でだいぶめでたい。


結婚して、30超えて、
現実をしっかり見て働いていて偉いよなぁ。

同い年で稼ぎが全然違うし。
(つらい)


a0275477_11133276.gif
a0275477_11142697.gif

僕はまだまだユメユメしいし、
返済地獄真っ只中。

でも
それでいいような気がして、
しまっているのです。
今月やばい。

忘れてた、昨年最後の買い物。


新品古着にこだわらず
チェックのプリントネル地シャツが好きですが
(レーヨンのオンブレチェックも好き)
ここんとこ足を使ってないからか、
単にお店側の仕入れが渋いのか、
あんまり良いものを見かけませぬ。

着用頻度が高いかと言われると  ぶっちゃけそこまで高くもないのですけれど
収穫高によって、なんとなく

「今年は良い買い物をたくさんした」

気分が湧いてくるので
その年の散財を振り返るにあたり
結構重要なアイテムだったりするのです。


と言う訳で昨年末に駆け込みで一着、良いのを見つけました。
3千円弱と言うお値段もポイント。


a0275477_11154745.gif
ウエスタンシャツばりの衿のデカさがなんとも…
ボディはオープンカラーシャツみたいなシルエットなのに
どうしてこの衿になった。

台衿まで付いているし。


a0275477_11235217.gif
ヨークや


a0275477_11243926.gif
AH、袖下と脇にはステッチ無し。
コスト下がるし  それに別に誰も気がつかないっしょ
的感覚か。





a0275477_11290291.gif

質量を持った残像ではありません。
じつは以前購入したシャツと  かなりニアーな柄なのです。
(上が今回の主役)

柄方向とサイズ、色の濃度は違いますが
遠目には同じですね。


世の人はこれを無駄な買い物と言う。




アンユーズドの今季もののシャツも気になりますね。
高いから出来れば気に入らないものであってくれたら嬉しいのだけれど…



by tspacemen | 2018-02-24 13:11 | wardrobe | Comments(0)

愛着は倍以上

貰い物自慢。


a0275477_19053346.jpg
ブログを始めた頃は25歳だったんか。
月日の過ぎるのは早い…


て言うかここ、5年半も続けているんですね。

おかしい、
もうアフィリエイトの収入で贅沢をしているはずなのに。(うそ)


で、
プレゼントに頂きましたのはNeedlesのオープンカラーのプリントシャツ。
ビームスジャパンでいいわ〜いいわ〜してたやつ。

まず良いチェックシャツの大前提として
柄の良さってのがありますが  この柄はだいぶ好み。


a0275477_19131428.jpg
裾は裁ち切りでホサホサにしてあって
なんともグランジ感あります。

工場で職人さんがホサホサホサホサと、
手作業でホサホサにするのでしょうか。


カート・コバーンに特別憧れた時期はありませんし
特段ニルヴァーナが好きってこともありません。

でも男だったら
ホサホサになっるものにグッとくるって言うの、あると思います。


a0275477_19162031.jpg
と、
ただのイケてるプリントチェックシャツかと思いきや
そこはニードルズ。ニードルスなのか?

生地はなんと  テンセル (だったかな?) と綿の混紡サテンの裏使い。
と言う訳で裏はツヤッツヤ、テロっとした生地感。

表は起毛させている訳ですけれども
しっとりとしているような、なんとも言えない触り心地がたまりません。


緩めのサイジングも古着のプリントネルを彷彿とさせる、
慣れ親しんだ  ゆる〜いシルエット。

嬉しさのあまりもらって早速3日連続で着用。
(そう言うとこ  あります)


a0275477_08054433.jpg
悶絶するようなニットキャップも頂きました。
感涙。抱いて寝ます。

大事にしよう…
ありがとう。




〈業務連絡〉
もうあと数日でクリスマス、と
プレゼントをご検討頂いております皆様には度々お手数お掛け致しますが、
誕生日のものとは別個にお渡し頂けますよう宜しくお願い致します。
幼少期より、二つを兼ねたパターン
または
それぞれややボリュームの少ないパターン
が多く
もらっている身分でありながら恐縮ですが、
如何ともし難い思いを抱える事が多々ございましたため
ご配慮頂けますと幸いに存じます。



by tspacemen | 2017-12-13 19:05 | wardrobe | Comments(0)

トドメの記録① UNUSED x WISM のプリントネルシャツ

a0275477_19332284.jpg
偏愛アイテム、プリントネルのシャツ。


もうそろそろ気候的に着るのが厳しくなってきましたが
数シーズン前にリリースされた UNUSED x WISM のもの、
探して探して見つかりました。


a0275477_19332386.jpg
色柄抜群。ナイスネイビー!

もうなんて言うか、スゴい。
スゴい、としかアタシにゃ言えないよ…


超お気に入りっす。


a0275477_19332316.jpg
質量を持った残像ではありません。

レギュラーでローンチされたブルーと。
色違いグッと来るわー。

仕様に関してはその時の記事をどうぞ。




寂しい事に市場がチェックシャツのムードではないので、
この頃あまりグッと来るものを見かけませんけれど これは本当によかったね。




あーしかし

“しかも脳波でコントロールできる” 物欲を手に入れたい。
ほんと。



by tspacemen | 2016-06-08 23:34 | wardrobe | Comments(0)

懐も喜んでおられる

なんか古着が楽しい。


古着屋巡りを一緒にしていた友人が東京を離れて以来、なんと無く足が遠のき気味だった反動か、
このところ毎週末どこかしら古着を探しに行っています。


高円寺、原宿に続いては下北沢。

近いので僕はちょいちょい来てはいますが
あまり下北に来た事がないと言うこの日の同行者のため 徹底的に周りまくりました。




結果
自分だけ収穫を得ると言う、ダメアテンドぶり…


a0275477_12303044.jpg

定番のシカゴにて、Morganのサーマルカットソー。


a0275477_12303076.jpg

これまでにも2枚購入していますが、ようやく初の綿100%。
サイズもXLで裾からべろーんに最適な長さ。
状態も良い。

サーマルはUnusedのものを予約してはいますが、
まあ何枚あっても困らないので…
サーマルラブっす。

今後は綿のもののみ買い集めるつもり。


a0275477_12303129.jpg

またやっちまった…プリントネルシャツ。

柄そのものもかなり好みですが、
以前買ったコレと同じ様に
壊れたVHSのような発色の仕方が堪りません。
(もっと良い表現は無いものか)
よりダメテープ感があって超グッと来る。

また、以前の持ち主の愛情が窺えるようなリペア&リメイクが随所に施されており
それも含めて気に入りました。


a0275477_12303168.jpg

衿や袖のほつれはジグザグステッチで補修。


a0275477_12303111.jpg

元々ヘムラインは普通のラウンドだったのでしょうが、
解いて無理やりにスリットが作られている。

なんか試行錯誤しながら縫製した様子が浮かんで微笑ましいと供に
スリット好きとして 異様にシンパシーを感じる。




その他惜しかったものとしてはPilgrimのコーデュロイシャツ。
ライトベージュの色と言い、サイズ感といい、
フラップ付き胸ポケットや後ろ身頃のサイドタックなどのデザインといい、
かなりドンズバだったのですが
胸ポケットのボックスタックだけ うるさく感じてスルー。

惜し過ぎる〜




目につく限りのお店に入った後は
焼き鳥屋 克ツ にてアルコールでお疲れさん。
(毎度の飲み始めたら画像なし)

相当な歩行距離になりましたが、楽しんでいただけました様で何より…




結局、今探している物はスニーカーだったとの結論に至ったそうで
次回はスニーカー巡りですね。

これは得意分野ですので
きっとこっちサイド (スニーカー破産組) に引きずり込んで見せますぞ。


自分はくれぐれも自制して、便乗して買ってしまわないように気を付けないと…


by tspacemen | 2016-01-27 12:30 | wardrobe | Comments(1)

プリントネルハンティング活動報告

a0275477_12513637.jpg

さて2016年買い始め。




今月はなんも買わないつもりでいたのに
友達との待ち合わせの空き時間に フラっとFILMに寄ってしまったのが運の尽き。


a0275477_12513729.jpg

偏愛アイテムのひとつ
ブルーのチェックプリントでイケてる柄のネルシャツをピックアップ。

この絶妙なグラデーション、ブルーとネイビーの配色、ドンズバ。
サイズもジャスト。

生地は割とドシッとしていて、
アンユーズドのプリントネルシャツに近いけれど もう少し地厚。


うーん、良い。


a0275477_12513754.jpg

ブランドはZeller'sと、聞いた事のないところ。
多分ストアブランドだと思う。
(後で調べてみよう)


a0275477_12513809.jpg

衿にはキーパー入りでしっかり。
ロールもきれいに出ています。


a0275477_12513828.jpg

ボタンは全てボルドー。
あまり配色のボタンって好きではありませんが
落ち着いた色同士 結構馴染んでいるような。

コットン地でフラップ付きのポケットが両胸に付いているデザインて 意外と見かけない気がします。
ウールには多いけれど。




大抵の古着屋ってさほどいいとも思えないようなものが


①凄まじい物量で並んでおり、探しているうち腕が疲れてきて 飽き飽きしてしまう


②ちょこんちょこんと並んでいるだけで いつ出ようかな…と入店2分で思い出してしまう


のどちらかのパターンに陥りやすいのですが
(それは多分フラットな目で見られない自分のせいであると思うのですが)
このお店はほんと行くたび良いものがある。

現時点では東京で1番好きな古着屋です。
*次点で吉祥寺のNICO




時間潰しでこれは幸先がいい。
今年もいい買い物ができるに違いない。

そしてお金に窮する予感も、する…




*1/12追記

Zellersというブランドはカナダで 1931年に設立され、2013年にクローズしたディスカウントショップのようです。
衣料品に限らず生活雑貨全般を販売していたようで
服も売ってる安価ホームセンターって言う様な雰囲気かな?

ブランドネームから何年代のものか調べてみようとがんばりましたが、
これに関しての情報は全くなく
どうやらあまりファッション的には知名度は低いようです。


とか
自分の生活にまっっっったく関わりのない異国の情報も知るハメになれて
古着って楽しいな〜
by tspacemen | 2016-01-11 12:51 | wardrobe | Comments(2)

犬は飼い主に似る

a0275477_11373937.jpg

青系のネルチェックシャツに目が無いもので。


a0275477_11375218.jpg

そして何でか
先染めではなくプリントのものに惹かれます。

Unusedの昨シーズンもののシャツ。
これもいい柄。
wism別注も買っときゃ良かった。




一見プレーンな1枚かと思いきやこれ、
結構仕様が変わっているんです。


a0275477_11374619.jpg

ヨークは袋縫いではなく身生地に二本針の裏環縫いで叩きつけ。
なかなか今日日見ませんね。

ほぼ全箇所が環縫いでの縫製なので
洗いをかけるたびにパッカリングが出て良い表情になりそう。


a0275477_11374912.jpg

下前端は細目の三つ折り。
こんなの初めて見たけど、良くある仕様なの?


a0275477_1137507.jpg

裾脇のカーブはガゼットがついても良さそうなぐらい鋭角。
せめてカンヌキくらい打って欲しかった…




このシャツでより強く思ったのですが、
ここのブランドって コストを抑えつつ、
チープに見せないデザイン・雰囲気作りが凄くうまい。

素材だって特別いい物使っているわけじゃ無いけど
それを逆に味わいのある佇まいとして活かしてみたり。

まあどっちが先かはわかりませんけれどね。


a0275477_11375530.jpg

ユルっとした雰囲気なので
ボトムは緊張感のある
(色んな意味で)
これとか 今の気分。
(そういや年末に洗ったのにレポートし忘れたな…)



一日の服装にアンユーズドのものが
入っていない日の方が少なくなってきました。

15S/Sも数点予約済み。
こう毎シーズン毎シーズン買うブランドって
かなり久しぶりです。


何だか僕の顔もアンユーズド顏になって来た様な
そんな事無い様な…
by tspacemen | 2015-01-31 11:27 | wardrobe | Comments(0)

好きなミュージシャンはカート・コベインです(真顔)

多分
その人がどれだけ職場に貢献していたかは
いなくなって初めてみんな気付くんじゃないかな。

未だ代わりのきく男、27歳。悔しいです。




a0275477_1582080.jpg

ナナミカのセールで購入させて頂いたもの二着目は、
おそらくサンプルとして仕様やサイズ感を参考にしていたのであろう
古着のTowncraftのプリントネルチェック・オープンカラーシャツ。

ラックに何やら怪しげな赤い色を見つけて引き摺り出してみたら コレでした。


a0275477_1584170.jpg

だいぶ気持ちの悪いオンブレ×ウインドウ・ペンと言ったプリント。
だけどそれがいい。

背当てがサテン地と言うのも良い。
ネームのデザインから察するに、どうやら50年代のもの。
状態かなりいいです。

赤のチェックはほんとに似合わないものが多いのですが、
これは相当グランジ感が出つつもなかなか似合っている様な…

白も使われているとダメなんだなきっと。


サイズはですが、もれなく身幅が太い。
これは前に買ったものと共通します。

今回のはサイズMなので僅かに細いけれど、
それでも今時のフィットじゃない。

だけどそれがいい。


a0275477_1585576.jpg

ボタンは赤の貝調。
色合いが綺麗ですが、


a0275477_1584676.jpg

下一個外れちゃってるんですね〜
a0275477_158571.jpg

パッチで補強されているので付け替えれば大丈夫。
早いところ買ってこよ。



a0275477_15904.jpg

兄弟で。
ここのプリントネルはそそられるものが多いです。

ちょっと狂気じみてて。




ところでグランジはと言うと、
僕はニルヴァーナもサウンドガーデンもパールジャムもNINもAICも聴きません。
聴くのはスマッシング・パンプキンズとマッドハニー位。

前者はラウドな曲より トゥナイト・トゥナイトの様な叙情的なものが好きで、
後者はハードロック、パンクだけでない バックボーンの広さがいい。


Spacemen 3も「When Tomorrow Hits」をカバーしていましたね。
好きな曲です。


Mudhoney - When Tomorrow Hits

かっけえ!


Spectrumのライブでそのプレイを観る事ができましたが、
パイプ椅子に座り
ドライバーを使って演奏していたのが印象的だったなあ。


Spectrum - When Tomorrow Hits

サイケー



さて着る時は何か一つは綺麗なアイテムを混ぜて
ネバーマインドしてしまわないように気をつけようと思います。
by tspacemen | 2014-08-05 01:58 | wardrobe | Comments(0)

そして毒を

a0275477_23335528.jpg

GapがGQアワードの入賞ブランドとコラボレーションして展開するアイテムが
今年もローンチされたと聞き
原宿駅前のお店に行ってみしたが、
目当てのBaldwinはヒップポケットのリベットが余計だったり
縫製が簡略化されていたりと
何だかなぁな感じだったので見送り。

ギャップは毎度結構いいなぁと思うものがあるのですが
価格がすっごく中途半端なんです。

縫製や素材を見たら
安…くは無いけど、高…くも無いよな…
と言う、最も買う機会に困る価格。
でもチェックシャツはすごく良かったですね。
セールでめちゃんこ安くなったら買おっかな。
でも残って無いんですよね、大概。


a0275477_23335839.jpg

そして、
色々なショップに寄る中でふらっと入ったキャットストリートの古着屋、Pigstyで
TOWNCRAFTのプリントネルチェックシャツを購入。
6090えーん。


身幅が異様に太く、それに伴って袖もぼーん。
第一ボタンホールが破けてしまっている。
ボタンが幾つも割れている。

けれどそれを補って余りあるいい柄だ!
と思ってしまったのが運の尽き…


ピンク×パープル×グレー×ネイビー×白の毒々しい、
アシッド感さえ感じられるトーン・オン・トーン・チェック。
ビビッドだけれど配色の妙、全く着辛くはありません。

また、第一ボタンホールが横向きなので
おそらく1950年代のものかと思いますが、
その長い時間の中で出たかすれ具合が絶妙。

例えるならば
画質の悪いVHSの映像のよう。
不安定なクールネス。


身幅の割に意外と何にでも合わせやすくて有難い。
これからの季節はパーカをインして着たりとか。




僕は齢26にしてよーやく純粋に古着を楽しめる様になったみたいです。
ブランドの歴史や年代による違いとか勉強したい意欲がふつふつと。

服の楽しみをまた一つ覚えました。





余談①
千駄ヶ谷のミスターハリウッドの事務所で
デザイナーの尾花大輔さんを見かけました。
(というか気づくや否や凝視)
MA-1タイプのカーキのブルゾンに
グレーに色落ちしたデニムと言う出で立ちでしたが
すこぶるカッコ良かったです。

タッパがある事もそう見えた要因の一つでしょうけれど
それだけでは無い、「オーラ」「雰囲気」

どこで売ってますか?それ...


余談②
気になった物メモ
・ネペンテスのオンブレチェックのカーディガン、チェックシャツ
・TS(S)やエンジニアード・ガーメンツで出ていたチェックポンチョ
・ゴーゲッターで見たオーバーサイズのボーダーニット
・そして今回もまた食べられなかった龍の子の麻婆豆腐




強欲が罪なら、僕は天国へは行けないな。



by tspacemen | 2013-09-29 21:58 | wardrobe | Comments(0)