人気ブログランキング |

カテゴリ:music( 213 )

好物オルタナ来日ラッシュ

土日はY氏が実家に残している荷物を引き取りに行き、
必要な家具を見て食材を買い  常備菜を作ったら終わりました…


平日よりもむしろ疲れたような?


引っ越ししたてだからこんなものなのか、
ちょっと張り切り過ぎなのかは分かりませんが
自分のこと  全然できていないので良くはない。


休み3日じゃ足りない〜




さて、この春の来日がすごい!って言うことで
これはちょっと頑張らないといけないと思う今日この頃。


a0275477_08352491.gif
Dinosaur JrのJ.マスシス、東京公演は4/16。
ソロ作は1枚も持っていないけれど  ダイナソー好きなら気にならないわけはないですね。

ヘロヘロボイスと手グセもりもりのギターワーク、
体験してみたいなぁ。

画像を見るに、アコースティックな趣なのかもしれないけれど。


ダイナソーのグリーンマインドは今でも定期的に聴きたくなる一枚です。


a0275477_08391625.gif
サイコキャンディ再現ライブに行けなかったことが今でも悔やまれるジーザス&メリーチェイン、
東京公演は5/19。

サマソニではライブ中に寝かけたけれど
それでもマイ・フェイバリットのひとつ。

毎度ウィリアムのルックスにガッカリさせられるのも楽しみのひとつ…なのか?

まずは新譜を買わないといけませんね。


a0275477_07573163.gif
ドラムのリアの脳の手術を経て昨年新作をリリースした
ブラックレベルモーターサイクルクラブ、2013年11月振りに来日。

ピーター・ヘイズもすっかりごま塩頭になっちゃって、
ロックンロールリバイバルも遠い昔の話になってしまったのだなぁ…
と感じずにはいられません。
なにせ2001年だもんね。

数少ない  デビューからリアルタイムで活動を追っているバンドですので
くれぐれも健康には気をつけて (ロックミュージシャンに言うのも変ですが)
続けていってもらいたいものです。

4/30に横浜ベイホールでの開催。




CDプレイヤーも壊れ、
ギターもほとんど触らず、
ライブも年に1、2回程度、と
完全に関心が薄れて来てしまっている感ありますが
熱中していたあの頃の気持ちを取り戻したいなぁ。

音楽だけに限らず、なににでも。



by tspacemen | 2019-03-04 08:27 | music | Comments(0)

リッケンのベースが欲しい

年末まで予定パツパツ、
毎日慌ただしいですね。


ただでさえ疲れるのに
上の部屋の住人が最近また喧しくなってきて寝不足で…

仕事の能率が上がらん。




こと睡眠に関しては神経質なところ  あるので、
夜間は是非とも静かに、穏やかにお過ごし頂きたい所存。


a0275477_08170800.gif
音楽に対する熱量もかなり沈静化しちゃってます。

No Joy と我らが Sonic Boom先生のスプリットEPもまだ買ってないわ…

プレイヤーが無いから買ったところで、
感は否めませんけれども。


このジャケット見たときに、なーんか既視感…
と思っていたのですが


a0275477_08205216.gif
これだ。

若かりし日の The Stone Roses の マニ。


画像を見つけてみるとそんなに似てないけれど
喉の小骨が取れたような気分。
(眠気もどっかいって欲しい)




今年は Ride と 坂本慎太郎 しかライブ行けてなかったんだなぁ…

先日のローレル・ヘイローもスルーしたし。

だめですね。


1年半を越えて、
ようやく小売の動き方がすこーーーし見えてきた感ありますので
来年はもっと時間作んないとな。


な今日は
社のクリスマス会で仕事も進まず  早く帰れもしません。合掌。



by tspacemen | 2018-12-11 08:09 | music | Comments(0)

坂本慎太郎 @恵比寿Liquidroom

3連休明けの火曜日は
待ちに待った坂本慎太郎のライブ@リキッドルーム。


a0275477_14251377.gif
チケットは即ソールドアウトであっただけあって、
オープン直後から2Fは大混雑。

スタート前にはフロアはぎっしり  すし詰め状態です。

僕は2列目柵にかじりつく。


赤いSGを抱えた本人の登場に  うわぁっ!と胸が熱くなります。


a0275477_14323415.gif
ゆらゆら帝国のライブDVDを見るにつけ、
この人のライブアレンジの巧みさは凄いなと思っていましたが
ソロでの楽曲も  痙攣したようなあのギターソロを入れてみたり、
リズムパターンを変更する事でダンサブルなグルーヴを醸してみたり、
サックスパートを大幅に増量して カオティックな空気を充満させてみたりと
かなり見応えあり。


ベースの女性と、たまにドラムの男性がコーラスをとりますが
演奏もめちゃくちゃうまかったな。

ギターがたまにトチってもリズムがしっかりしているので気にならないくらい。


松平健みたいなルックスのサックスのおっさんはめちゃくちゃかっこよかった。
ソロのエモーショナルさには鳥肌が立つ。

なのに笛やホイッスルを吹いたり
チープな楽器も担当していて  とてもお茶目な印象。


a0275477_14430810.gif
「ハァどうも」
「ありがと(ご)ざいます」

など、
坂本さんもボソボソと滑舌もぐちゃぐちゃでしたが、割と話す。

「ムェンバーはベース〇〇、ドラム〇〇…」

とメンバーや自身の紹介をしたりと
ゆらゆら帝国時代では考えられないですね。


「次で最後の曲になります」

と言ってラストの演奏を始め、
終わったところで

「ありがと(ご)ざいました。じゃあもうアンコール…」

と、
誰もまだアンコールを求める声を上げていないうちから始めてしまうのには、
思わず腰砕け。


照れ屋なんだろうな。すげー笑った。


a0275477_14522190.gif
歌謡曲や童謡、
ムーディーなシティポップ的なテイストの楽曲をソロでは作っているものの

(曲によってはミラーボールが回り、
場末のホテルのラウンジでディナーショーでも見ているかのような気分にさせられる)

ふと  危うげな動きやサウンドが噴出しそうになる瞬間もあって
やっぱり (当然だけれど) この人は坂本慎太郎だなと妙に納得させられる。


あとやっぱり、
あのギターを弾きながら  あの歌詞を歌えるのは凄い。
オリジナリティ半端じゃない。




前述の様な音楽性でありながら、
フワフワとしたサイケデリアも常に漂っていて
多幸感を強く感じたなぁ。

もう少し広いスペースで、
自由に揺れながら見られたら最高だったなぁなんて。


きっとずっとチケットの争奪戦は続くと思いますが
一回でも多く観に行こう、
と強く誓った夜なのでした。



by tspacemen | 2018-10-13 10:37 | music | Comments(0)

またステージに立ってくれてありがとう

2009年のサマーソニック。

会場を出ようと歩いていた僕らの横で
その後日本で一番好きなバンドになってしまう彼らが
たしか赤いライトを浴びてライブをしていた。


立ち止まって5分くらい見ていたでしょうか。
連れにそろそろ行こうぜと声を掛けられ、再び出口へと向かう。

イケてた。
そしてもの凄くきもち悪かった。
(帰ったらyoutubeで見てみようと思った)




それっきり彼らのライブを見る機会は無かった。


いつかと思っているうち
2010年に完成し、解散してしまった。


ゆらゆら帝国。


a0275477_08000652.gif
果たされない想いはより強く残るもんです。

それからソロライブのたびに先行抽選、一般発売と
毎度挑戦したものの  全然取れなかった坂本慎太郎のチケット、
遂に…

狂喜乱舞。(うわーっ!)


“空洞です” のぽっかり感が広がって、
もはや観客の姿さえもない
誰もいない世界の  みんなの歌。

て言う雰囲気のソロもかなり好き。

ライブではどう変化するのでしょうか。
わくわくし過ぎて熱出そう。




て言うかこの頃のサマソニは好きなアーティストがボンボコ出演してヤバかったなぁ。
大好きでは無いにせよ、機会があったら、って言う人達が盛りだくさん。

09の同日にしたってカサビアン、ビッグピンク、
エイフェックス、ミュー、マーキュリーレヴ、
カイト、SVIIB、トリッキー、ソウルワックスと2メニーですよ。

今行くんだったらナインインチネイルズとフェニックス、フジファブリックも絶対見るね。


今タイムテーブル見ても全然悩まないもんなぁ。
自分の趣味が今時じゃないんだな、まったく。




by tspacemen | 2018-07-23 08:41 | music | Comments(0)

RIDE @東京ドームシティホール

a0275477_23193315.gif
一応10代でハマりにハマった思い出のバンドだし、
なんかチケット残ってるみたいだから行ってみよっかな〜




くらいの感じで本日を迎えましたけれど



ライドのこと


今でも ものすごく好きだった。


a0275477_23200394.gif
東京ドームシティホールにて
マイブラッディヴァレンタインやスロウダイヴと並び
シューゲイザーの代名詞の一つとなっている ライドの来日公演。
(4組目はどこかな。ラッシュかチャプターハウスかスワーヴドライバーか…)

(なんとなくメジャー感足らないけどペイルセインツ、メディシン、カーヴもいいよね)

(リボルバーも好き)

(ヴァーヴとブライアンジョーンズタウンマサカーのファーストもここ界隈の名盤だよね)


後楽園でY氏と合流、
氏の好きなノーベンバーズがオープニングアクトと言うことで
せかされるように会場へ。


a0275477_23485663.gif
The Novembersって名前はよく聞くものの、
音楽を聴くのは初めて。

なんとなくそのバンド名や 出演しているイベントから
ナイーブで耽美的でセンチメンタルな、
あるいはハウスオブラブ的サウンドを想像していましたが
なかなかどうしてラウドなセットリスト。


日本人によるシューゲイザーに
ポストロック、ポストハードコア、ジャーマンのテイストが盛り込まれている印象。

メンバー(特にギター)がイメージと乖離しまくり。
よかったです。


a0275477_06570476.gif
そしてRide。

2015年の来日以来ですか。


ハリケーン#1、オアシス、ビーディアイと
第一線で活躍し続けたアンディ・ベルはさすがの風格。
一番ロックスター然としている。


アニマルハウス以降 ソロでの活動を中心にしていたマーク・ガードナー。
往年のシンガーソングライター感。


同じくアニマルハウスののち、
スタジオミュージシャンとして様々なバンドでプレイして来たローレンス・コルバートは
ドラミングの幅がとても広がり、安定したプレイを見せる。


ひとり音楽業界から離れていたベースのスティーヴ・ケラルト。
彼をこのバンドの中心人物であるとするところもありますが、
確かこの再結成も彼を発起人としていたような、そんなことないような…

やはり、と言うか
業界を離れていたためか ミュージシャンの雰囲気ゼロですごめん。


a0275477_08000106.gif
最新作ウェザー・ダイアリーズ一曲目、
Lannoy Pointからスタート。

アルバムは先日の記事の通り、
正直それほど面白みは無いなと思っていたのですが
ライブとなるとしっかりライドの曲に。


アンディはギターワークがさすが向上しているし
マークのボーカルはめっちゃ上手くなってる。

もういいオヤジだから声 (とルックス) にはあまり期待していなかっただけに、おどろき。


a0275477_08075246.gif
(お気付きかも知れませんが、画像はライトの色しか変わりません…)

セットリストは覚えていられないタイプなので あとでどこかから見つけて載せますが
最新作と、
日本で言うところのSmile EPとNowhereから
ファン大喜びのナンバーをバランス良く。

3曲目であの特徴的なドラム、ベースラインからのSeagull、
否が応でも上がります。


2ndから解散までの曲は
バンド内がぐちゃっとしていた時期だった事もあって
せっかくの再結成という事もあって避けたのでしょうか。
あまりなかった。


音源では美麗で煌めくサウンド、という印象が強かったですが
生で聴くと更にノイズの陶酔感が強く 曲構成や音の配置にかなりのサイケデリアが。

くらった〜


それとやっぱりビートルズからの影響モロですね。
どことなく。


a0275477_08444772.jpg
あっという間にラストナンバー。

ケラルトが終始緊張していたように見えて 僕も緊張しました。
そりゃ長い事ステージから離れていたからねえ。


しかし
ギターとボーカルがどうしてもフューチャーされがちなシューゲイザーですが、
僕はこのバンドの浮遊感や陶酔感はベースにキモがあると思うのです。

跳ねる様なラインや、
表情豊かな川面とは違い 淡々と川底を流れる様な堅実さが
ギターサウンドを強く際立たせているんじゃないかと。
(いやほんとに。昔から思ってたよ)


あんまり待たされずアンコール。
曲は4曲。
Leave Them All Behind、
Polar Bear (めちゃくちゃサイケ)
を経ての
ラストのラストは待ってましたのChelsea Girlで
やっぱり最高だった…昇天。(合掌)




やー
ほんとにいいライブでした。

ソニックマニアのメンツもかなり熱いし
今年はたくさん足を運びたいなぁ、と
思うのであった。



by tspacemen | 2018-02-19 23:15 | music | Comments(0)

音楽への情熱よ、再び

a0275477_08010844.gif
Mitsumeのインストアライブのこと記事にし忘れていました。




ミツメのメンバーは  思っていたよりもかなり素朴と言うか
誤解を恐れずに言えば普通で
(それにしたって、きっとかなり普通なんだろうなぁとは思っていたのだけれど)
一般的なミュージシャン像からはかなり乖離している感じで。


ドラムセット、シンセサイザーのない編成で
ボーカルはアコースティックギターを使用。
ドラムはタンバリンとボンゴ?コンガ?
股に挟んでポコポコやるタイプの打楽器を。

そんな編成のためか、音量が抑えられていたためか、
とても親密な印象です。

途中からリズムマシンを使用し、
fly me to the marsなどの曲もプレイ。


CDに合わせて歌っていたりすると
何だかすげえ歌いづらい音域だなぁとか思っていましたが、
物凄くスムーズに裏声を歌えるボーカルなのですね。通りで。


見ているうちに
なんだか結婚式の二次会で、
落ち着いた雰囲気のあるカフェバーを会場に  友人達が集まって
少し照れながら演奏をするって言うような雰囲気に感じられてきて
(とは言ってもここは新宿のタワーレコードの7階なわけだから、
あくまで演奏する本人達がそんな雰囲気、と言うことなのですが)
そうなるとどうにもすごく親近感が湧いてきて、

と言うか
恥ずかしがり屋なのにあんな所に上げられて
ああなんかもう観ていられない (ハラハラ)
って言うような心持ちになってしまい

終わった後にサイン会だなんて、
人見知りするあいつがそんな事出来るわけないよ
きっとかなり無理してる。

なんて余計なお世話極まりない思いまで込み上げてきたので
サインはY氏にもらってきてもらいました。
ずっと好きなバンドだったから  お喜びのご様子。

よかったね。




a0275477_08030603.gif
そんなこんなで来週はRideの来日公演に行って参ります。

新作は、悪く無いけれど  特段良くもない
まさに見本みたいな久方ぶりの再結成作といった感じで
キャリアをとおして良かった部分を抽出して
向上したテクニックと新たなエレクトロニクスでまとめ上げられた印象。
(嫌いじゃないですよ。褒めている方です、わりと)


個人的には
出来れば Chelsea Girl とか Like a Daydream とか
Dreams Burn Down とか Seagull とか Vapour Trailとか
あと Mouse Trap とか
彼らの持ち味であった  青い火花が散るような
あるいは水面がキラキラと輝くような
そう言う曲をたくさんやってもらいたいんだよなぁ〜




なんて
後ろ向きの懐古主義ですが
かなり楽しみにしてる。



by tspacemen | 2018-02-14 08:03 | music | Comments(0)

Mitsume - エスパー

これも誕生日のプレゼントに。


a0275477_07582188.gif
ミツメの新譜、エスパー。
Tちゃんから頂きました。
ありかとう!

しかしながら  コンポが年末に壊れてしまったため
(ほんと年の瀬はものが壊れる)
まだ聴けていません…残念。


個人的にミツメは真夏の真空なイメージですので
(Y氏は炭酸系バンドとか言っていたかな?
それもわかる)
冬にリリースされる楽曲がどのようなものなのか、ちょっと想像つきませんが
なんだかんだ冬に作られた曲だって沢山あると思うので
きっといい曲でしょう。

僕が好きな曲も冬に作られたものかもしれないし。そもそも。




そしてオマケも付いておりまして。


a0275477_08062038.gif
本日ミニライブ+サイン会。
行くっす。

今日は余裕を持って上がれるといいなぁ…




灰野敬二 × BO NINGEN も行けそうに無いし、
坂本慎太郎も取れなかったし、
(僕の周りは誰一人としてチケットを手にできませんでした)
1月は行きたいライブが多いわりに  不完全燃焼感が否めませんでしたので
なんだかちょっと救われたような気がします。



by tspacemen | 2018-01-12 07:57 | music | Comments(0)

ライド、スロウダイヴ、ミツメ…

完全に月曜のライブを引きずっています…

あれはえらいことでした…


僕、来世は堅実っていう言葉をガン無視して
絶対ミュージシャンになろうと思います。

ひたすらにキモチー音を探求して、
揺れるグルーヴを追求してさ。

もういいんだよ、
それだけが幸せなんだよ。て言う。


今世では、
フィジカルをどうにかこうにか一枚
リリースしようと思います。
おし、自腹切ろう。




で、
ここんとこスゴいアーティストのライブが決まってばかりで困っているのですが
また是が非でも行かないといけない案件がひとつ。


a0275477_22034724.jpg
イャァァアアア!!!!
しんちゃーーーーん!!!!


あんだけライブはやらんと言っていましたが
しれっと海外ではやってたみたいです。ズルいひと。


ゆらゆら帝国時代は見た…
と言うか見かけた程度でしたので
こればかりは絶対。

チケット買えるかなー
先行当選しますように…




そう言えば個人的今気になるブランド第一位  ヘド・マイナー、
Wismにリメイクジーンズが入荷したようですね。

びっくり。

週末見にいってみよう。
(買えないけど)



by tspacemen | 2017-11-14 21:52 | music | Comments(0)

幾何学模様 @新代田FEVER

a0275477_09061492.jpg
その時僕は大地に生まれ

山に育ち

大気と交わり

宇宙を巡り

一つの観念となって

ライブハウスの床に立っていたのだ。


a0275477_00423052.jpg
何かって言うと
新代田FEVERに幾何学模様のライブを見に行ってきたんす。
大丈夫、しらふです。


日本の5人組サイケデリックロックバンドである彼ら。

オリジナルサイケ、ヘヴィロック、ドゥーム、
ラーガサイケ、ドローン、アシッドフォークなど
僕の好物がないまぜになった音を鳴らす
今時貴重なアーティスト。


日本よりも早く海外のレーベルと契約し、
SXSWなどのイベントにも招聘されるなど
国内のこの界隈ではかなりの注目株です。




メロウなアシッドフォークから始まり、
曲の終わりを待たずしてファジーなジャムに発展。

緩急の差が大きく、
揺さぶられるような強烈なグルーヴ感のあるサウンド
そしてツインボーカルのささやくような歌声が啓示的で
初っ端から完全に持って行かれました。


初期フロイドのコズミック感や
バルドーポンドの黒々としたジャム
ビンと張った鉄線を思わせる、デッドメドウさながらのぶっといギター
タイ・セガールばりの音楽的背景の広さを感じさせつつも
それらが破綻する事なく  幾何学模様  を描き出す。

アメリカ的とも日本的とも言える土着感もあり…




いや、言葉にするのがもどかしい。

この体に入っているのが歯がゆい。


a0275477_09064084.jpg
ていう
なかなか得難い時間を過ごせました。

メンバーがみな誰よりも楽しそうに、
そして気持ち良さそうにやっていたのが印象的。
(多分20台後半なんだろうけれど、なんなんだあの雰囲気)


イッセイ・ミヤケのショーでもライブを披露したことがあったり
スケートシーンとも繋がりがあったり
様々なカルチャーとも積極的に交流していたりするところなんかも面白いですね。


前に演奏していた二人組のバンドもスゲー良かったので
そちらも調べてみよう。
1組目は見られなかった…

ホステスってこう言うイベントも主催してるんだなぁ。


a0275477_08184519.jpg
ほんでもちろん
ライブに行ったらバンドT。


a0275477_09070044.jpg
黒のTシャツあんまり着ませんが
これはプリントがヤバすぎ。


て言うか
ふと思い当たって見返してみたら、
この記事でコメント頂いたのってギターのトモさんですね。

やー書いてみるもんです。
(結局TPFあんまり行けなかったな)


音楽ネタなんてとんと書かなくなりましたが
って言うかブログ自体サボりがちですが
最近の記事  自分で読み返してもつまらんし
もうちょい頑張ろうと思ったりもしました。



by tspacemen | 2017-11-14 08:30 | music | Comments(0)

夏バテにはまだ早い

今月以降更に出費を減らすと誓いました。
腐った性根を叩き直してやる。


よって買い物の話題は当分無し。
(ヒー)

季節が夏で本当に良かった。
Tシャツはカビるほどある。




昨年は来客の無い限りクーラーをつけませんでした。

7月も1/3を過ぎ、
連日30度を超えていますけれど
未だにコンセントを繋いでいません。


暑い…




a0275477_08122274.jpg

古来
日本人は風鈴や水の流れる音で涼を取ってきましたね。

風鈴の音を聞くとどこか爽やかなものです。


つまり、精神論。


それにならって我が家のBGMも夏仕様。

どこか意図的に醒めた若者たちが生み出す、
真夏の真空。

Mitsume の「EYE」がヘビーローテーション。


僕の耳が変わってきたのかどうかはわかりませんが、
最近の日本のアーティストは

J-Pop

ではなく

オルタナティブ

なサウンドを奏でる方が多くなってきたように感じます。
(偏って聴いているからか?)




チープなシンセサイザーに よく言えばミニマルなギター、ベース、ドラム。

それとリヴァーブがふんだんにかかったヴォーカルによる、
トイカメラで切り取ったような
不明瞭でローファイな音風景は、僕が好む夏のイメージと重なります。


ギンギンの日差しを浴びてイェーイ!

じゃなくて、
クーラー効いた喫茶店で クリームソーダなぞ飲みながら
日光を反射して 白く眩しい外をぼーっと眺めるような。




2曲目、「Fly Me To The Mars」は
そんな情景にぴたりとはまる。

ただし
窓から見える風景は 空に浮かぶ火星の様子かも知れない。

サイケデリックでニューウェーブでポップで、熱量の低い
素晴らしい曲だと思います。
(火星の近くが涼しいのなら僕も住みたい)

ライブ見に行きたいなぁ。


デイグローとかD.A.Nなんかも気になっている。




仕事のあれこれとか金銭的もやもやとか
どうも煮え切らないこの頃ですが
下の世代がメインストリームに食い込んでいくのを見るにつけ、
お前はなに旗もあげる前からしまおうとしてんねん(なぜか関西風)
と ちょっと恥ずかしい気持ちになる。


昨日、今年最初の蝉の声を聞いた。


by tspacemen | 2017-07-12 08:12 | music | Comments(0)