人気ブログランキング |

そして引っ越した先には駄菓子屋しか無かったんだ

a0275477_21281183.jpg

コーヒーの美味しい、行きつけの喫茶店があるのは素晴らしい。


そこでタバコが吸えるのなら尚更の事。


店員さんが必要以上に干渉してこなければ もう、文句の付けようがありません。


そして音楽のセンスも良いのなら 他に何を望むことがありましょうか?




東京でもようやく見つけました。




家のそばに安くて美味しい料理店も見つけたし、

あとは寝起きのまま財布と本だけ持って行けばいい
美味しく無くても、たっぷりと 濃いコーヒーを出してくれるカフェ、

顔を見ただけで
生ビールといつも頼むアテを用意してくれる居酒屋が見つかれば


ぼくの東京1人暮らしは結構理想に近いかも知んない。
(ド田舎で育ったのでそう言うのに憧れが強い)




ほんの3、4歳位の頃、
僕は幼稚園にも保育園にも預けられていなかったので
両親が家をあける時は 決まって親父の行きつけの喫茶店に預けられていました。


足の届かないカウンターのスツールに乗せてもらって、
クリームソーダを食べる。
(思えば よく倒さずに食べられたものだ)

近所のおっちゃん達に絡まれる。

ジャズと、お湯の沸くコポコポと言う音だけの流れる空間で過ごす、数時間。




僕の最初の記憶の一つ。




だからか、雰囲気の良い「喫茶店」
(カフェでは絶対にだめ)
を探す事は 僕にはとても重要なことなのです。
by tspacemen | 2014-02-10 21:27 | days | Comments(0)
<< ふられてばかり どうしろと >>