人気ブログランキング |

明日は必ず来る

a0275477_1261788.jpg

今月に入ってから一度として23時より早く帰れていません。

仕事を引き受け過ぎている感ありありですが、
頼み事は試し事と言いますし
これを回せるようになればスポーンと一皮剥ける、
と思って頑張っております…

そんな、疲労困憊の夜には。


a0275477_1255839.jpg

ドット・アリソン。

90年代初期のアシッドハウス旋風の中に降り立った一羽の白い鳩、
ウェザーオールのプロデュースによるOne Dove。
そのヴォーカリストがDorothy AllisonことDot Allison。
すっごく綺麗な方です。

写真は個人的には傑作の1stソロ、Afterglow。


伸びやかで 甘くドライ、どこか儚げな歌声を持つ彼女は
英国老舗テクノレーベル、ロンドンのワープと双璧を成す
グラスゴーのソーマの総帥Slamや、
ロック、ダブ、ダンスミュージックを縦横無尽に行き来するDeath In Vegas、
ウェザーオールと共にTwo Lone Swordsmenとして活躍したKeith TenniswoodことRadioactiveman、
トリップホップの重鎮、ブリストルのMassive Attackなどなど
名だたるアーティストの作品に参加。

インディー・ロックに愛された歌姫がホープ・サンドヴァルならば
ダンスフロアに愛されたのは間違いなく彼女でしょう。


アフターグロウにはストーンローゼスのマニ、
MBVのケヴィンなどが参加。

霧に投影された、決して掴む事の出来ない映像のように
白昼夢の音の世界が展開されます。


a0275477_1261455.jpg

現在までに4枚のソロアルバムを発表していて、
3rdアルバム発表時には来日公演もありました。
渋谷のO-NESTなんつー地方の小箱みたいな会場でしたが
かえってパーソナルな雰囲気のライブとなり、印象に残っています。


a0275477_126752.jpg

(余談ですが、
その時持ち込んだアルバムにサインを頂き、握手もしてもらいました。
はっきり言って惚れた。
上部のサインで名前が分かっちゃうので写真は半切れで…)


オルタナティブ、ダンス、アコースティックと
アルバム毎にサウンドは様変わりしながらも、
そのどれもが愛しく思えてならない。

1stより、Tomorrow never comes


2nd、SubstanceよりLover


3rd、Exaltation Of LarksよりThief Of Me


4thアルバム、Room 7 1/2よりPaved With A Little Pain

by tspacemen | 2013-08-28 23:47 | music | Comments(0)
<< ドット・アリソンと言えば まーじょこさーん >>