人気ブログランキング |

REVOLUTION OR HEROIN

ディスコグによると1987年8月ロンドンでのライブ。
1995年発売のブート。

a0275477_1522536.jpg

ようやく見つけた。
Spacemen3の「レヴォリューション・オア・ヘロイン」
新宿のディスクユニオンで2000円。

音質はややスカスカな、ブートそのものと言った感じですが、
数あるスペースメン3のライブ盤の中でもかなりの良作でしょう。
全盛期の素晴らしいライブが体験できます。
他のアルバムで これほどガレージな内容のものは無いんじゃないかな。
緩急付けた曲展開など、バンドとしてのまとまりも感じられます。

a0275477_202369.jpg

収録曲は以上。
どれも本当にいい演奏。

彼らにテクニックを求める事自体ナンセンスですが、
インプロヴァイゼーションでのドラッギーでカオティックな絡みは
彼らならではの、技術ではなく 感覚の共振が成せる業。
しびれます。

ラストのsuicideの初期ヴァージョンには
美麗なシンセが入れられていて驚き。
後期では味わう事の出来ない、ノイジーなギターとドリーミーなシンセサイザーの対比が
とても心地良い陶酔感を与えてくれます。


a0275477_2231852.jpg

a0275477_223436.jpg

アートワークもなかなか。
ブートにしては統一感があって かなり良いんじゃないでしょうか。
(無駄に写真の切り抜きとかないし...)


アルバムであと持っていないのは
How The Blues Should've Turned Outのみとなりました。
しかし数が少ない上、高額で取引されているものなので
購入できるかどうかは 運とタイミングによるところが大きいでしょう。
ヤフオクで一度見かけたきり...
by tspacemen | 2013-06-11 02:32 | music | Comments(0)
<< EAR 「UNTITLED」 辛いだ何だって言ってもやりたい... >>