そこは追憶の街

我が地元、栃木の県庁所在地をぶらぶら。
a0275477_2163862.jpg

今でこそ東京住まいですが
十代の頃は県外に出るのが恐ろしかったものです。
宇都宮は通っていた高校があったこともあり、
思い出がたくさんある街。

a0275477_21152173.jpg

「花の季@プラス」 バカうまらーめん(中) 720円
駅前のお店です。和風豚骨醤油ですが、すごくほっとする味。
そばに似た麵は喉越しが非常に良い。
郊外に本店がありますが、そちらの畑で採れた野菜を使っているそうです。
本店のみ漬物のサービスが付いたような?
帰るたび必ず行きます。

a0275477_2125382.jpg

学校が終わると友達とだべっていた川べり。
スト系のショップがいくつもあるんですけど
店員の兄さんたちが怖くて…よく怒られていましたね。
でも同じだけ色んな勉強させてもらいました。

a0275477_2132785.jpg

原宿で言えば竹下通り? オリオン通りです。
ここ数年店がバンッバン減っていき、
もはやシャッター通りとなる兆しが…
なんとマクドナルドでさえ撤退しました。

a0275477_21353866.jpg

そんな宇都宮の街中で頑張っているカフェ。「タフドア」
a0275477_21364113.jpg

コーヒーおいしいし、何より雰囲気がいいです。
こういうお店、昔は探せば結構あったんですが今や貴重になってしまいました。

a0275477_2138116.jpg

オリオン通りの先のユニオン通り。
ひっそりとしていますが、何気に服のショップは多いんです。
今は無きゲーセンはたまり場でした。

a0275477_21404354.jpg

そういや宇都宮餃子食べたことなかった!
と言う事で「みんみん」の餃子240円とビール400円。
皮がさくっ!もちっ!うまい!!
今度は食べ比べしたいですね。





可愛い店員さんがいるから毎週行っていた古着屋。
まだ慣れない酒をあおって吐いたバー。
今も思い出したように袖を通す服を買ったショップ。
告白したカフェ、振られたレストラン。
みんな無くなってしまった。
次来るときはもっと減っているだろう、多分。

それでも足を運ばずにはいられないのは何ででしょうね。

a0275477_21584533.jpg

またね。
[PR]
by tspacemen | 2012-08-17 22:09 | days | Comments(0)
<< 食べ物に関して思い残すことはあ... むせ返る様な緑 >>