タグ:coat ( 3 ) タグの人気記事

コヨーテ、カーキ、キャメル

すっかり夏みたいな気温の東京。


我が家の植物たちには
今週から冬明け宣言をして水やりを開始した奴らもいます。


LINE では友人達がバーベキューの参加者を募っています。


電車内も、
心持ちカラフルな色の服を着た方を見かけるような
全然そんなこと無いような…




そんなこの頃ですが
2017A/Wの買い物の準備 (コート編) …


a0275477_20331397.jpg
高校2年の時に古着屋で買った
Patagonia の (多分)パフジャケット が
僕の最後の詰め物がしてあるアイテムでした。

それは金が無過ぎてすぐ売っぱらいまして、
その後 懐がぽかぽかすることもなく
やむなく真冬でも薄っぺらい服を着て卒業までを過ごしたことに
僕の耐寒性の高さは起因しているのです。


うちに中綿=暑いし野暮ったいし高い=着ない。
の図式が出来上がり 今日に至るのですが
今年の冬はこれいっちゃいます。

CITY のハッピーコート。


モデルさんの手足が驚異的ですのでそうは見えませんが
実際にはもっところん、もふっとしたシルエット。
(僕の体系のせいなのか?)

軽いし温かいので重宝しそう。


オーバーサイズ気分に乗っかってオーダーしましたが
果たして着用の機会は多いのでしょうか…


a0275477_20475696.jpg
こちらもオーバーサイズ。

今一番気になるブランド
メイド・イン・イスラエル、Hed Mayner のステンカラーコートは
カラーリング、サイジングがとってもいい。

なかなか国内での取り扱いも少なく、
アイテムをまだ実際に見られていませんが
これも絶対良いだろうな〜。


値段も…


a0275477_20512884.jpg
メンズがスタートする Studio Nicholson。

このカラーレスコートはヘド・メイナーほどではない
品のあるサイジングとコンテンポラリーなデザインが気になります。

なんとなく、このキャメルカラーにも女性デザイナーらしさが感じられるような。

価格はここもすごいでしょう。
よくぞ昔ハイブランドもん買えたもんだよね。




並べてみたら色が意外と近かったですね。
意識していなかった。

来秋冬はここら辺の色のものが増えるのでしょう。
(昨シーズンは割と節操無く。今シーズンはその反動か白、黒、ネイビー)




なんて

はっきり言って
気持ちを無理くり今期の買い物から遠ざけようとしております…



[PR]
by tspacemen | 2017-04-20 23:08 | fashion | Comments(0)

Samsara「Wool Mods Coat」

15A/W、しょっぱなから飛ばしすぎて空中分解。

今週末は靴の大物を釣り上げるつもりでいるので
早々に〆の雰囲気です。
(トップスが少なすぎる…)


そんな今冬のあったかアウターは
コーディネートに頭を悩ませる1着。


a0275477_12452648.jpg

サムサラのカラーレス モッズコートです。
たぶん今シーズンのアイコン的アイテム。


ゆったりとしたコクーンシルエットで衿無し、ウール地と
かなりレディスライク。

面白くはあるけれど、
岩を彷彿とさせる顔面に ガチッとしたボデーの持ち主ですので
果たしてちゃんとハマっているのか、かなり悩みましたが

「迷ったら買え」

の信条の元、
しっかりオーダーさせて頂きました。


ウエストスピンドルのオフホワイトがポイントになって良いです。


a0275477_20485474.jpg

かなり黒に近いダークネイビーが好みのカラー。

遠目には無地でも、
よく見るとスクエア柄がエンボスされています。


a0275477_20485509.jpg

脇にはファスナーが配置。

スリットは好物のディティール、ですが、
これはスリットをただの切り込みに終わらせません。


a0275477_20485536.jpg

開けると ふらし
(留め付けずに動く状態になっていること)
にした裏地が覗く仕様。

歩くたび はたと翻り、
渋めの、でもしっかりとアクセントになるブルーが顔を出します。


シルエットもAライン気味に広がり、メンズぽさが少し増すので
この方が合わせやすくもなる。




と、面白く、気に入ってはいるものの
普段の服装からすると かなり異色の一着。

ナイロンやベンタイルなど
アウトドアライクな素材感であったなら気にする事もありませんが
厚みのあるウール地という事で、
意識的にメンズ感の強いアイテムをインナーに持ってきて合わせたいです。

ボリュームもありますから、
ボトムはスリムなものがマストかな…




今期は積極的に
“これまでだったら選ばなかったであろう服”
を手に取ってみていますが
なんの事は無い、ただの食わず嫌いアイテムがいかに多かったか。

今ようやく 思うように服を楽しめているように感じます。


[PR]
by tspacemen | 2015-11-03 20:49 | wardrobe | Comments(0)

ハンサムで、ちょっとナード

めっきり寒くなってきたこの頃
銀杏の落葉で黄色に染まった路上も多いですね。







(あったかいアウターがねえ…)




テック系のアウターも捨てがたいですが、
今の気分はこんな感じでした。


a0275477_264329.jpg

周りから「Tと言えば (どうせ) 」
と言うイメージすら定着してきたUnusedの、
定番チェスターフィールドコート。

伊勢丹で見かけて、ほんの試着だけ と袖を通したのが運の尽き。




センパーイ。


カードせんぱぁ〜い。




a0275477_264621.jpg

ボックスシルエットのオーソドックスなデザイン。

真新しさは無いけど、それが返って良い。


そしてグレンチェックの生地も丁度良く。

(AMIのは生地の糸番手が太過ぎてダメでした。
ざっくりし過ぎ。)


着ると首が若干抜けていて
それによりなんとも言えないゆるさ、野暮ったさが生まれる。

数年前まではジャケットにしても、この手のコートにしても、
首はきっちりとマークしていなきゃ絶対に嫌でしたが…


人間が適当になったかな。




a0275477_265648.jpg

ポケットがとっても良かったんです。
フラップ付きの両玉縁は定番として…


a0275477_27636.jpg

縫い目利用のサイドポケットも付いた二重構造。

手を突っ込むのには 圧倒的にこのシームポケットのほうが使い勝手いいです。

ポケット依存症としてはサイコー。
よくぞ。


そして 隣を歩く女性が手を突っ込むのにもうってつけ。
(どうぞ?)


ただ欲を言えば 見返しは接ぎにするか、
ステッチで抑えて欲しかったかな。
落ち着きがあまり良くありません。

ま・目を瞑れないほどのものでも無い。


a0275477_271041.jpg

本切羽


a0275477_271276.jpg

裏の始末・ディティール


a0275477_27143.jpg

ちょうどいいベンツ丈、
などなど

総じてお気に入りの一着です。
寒いのは得意なので、これがあれば冬も怖くない。

パターンや 随所にちょっと気の利いた物を作ってくれるから
アンユーズドには毎シーズンやられています。
(保守的なもんで)





ただ、これ着て自転車には乗れませんね…

それ用にもなにか、
考えないと。


(また服を買う良い口実が出来たぞ)

(咎める人もいないんだけどさ)
[PR]
by tspacemen | 2014-12-14 02:06 | wardrobe | Comments(0)