タグ:イラスト ( 5 ) タグの人気記事

五木田智央 「Holy Cow」展

余裕を持って宿題をやりなさい。




家を出る30分前には準備を終わらせなさい。




10分前には到着しなさい。







いつになったら身に付くんだろ…?


a0275477_23222666.jpg

行こう行こうと思っていた
五木田智央の展示、「Holy Cow」
会期最終日の 4/15にギリギリで見に行けました。

危なっ。


海外でも人気が高かったり、
僕自身が Tacoma Fuji Records のTシャツ欲しかったりで
(多数のグラフィックを提供している)
めちゃめちゃ気になっているイラストレーターのひとり。


a0275477_23222631.jpg

作風はモノクロームの重厚で肉っぽいリアリティがある立体感に
大胆な白を配したり、
虚空 (個人的にはサイケ的世界と思う) が急に現れたり、
マンガ的要素をくっ付けたり

シュルレアリスム…
と言ったら独特の軽妙さが損なわれてしまうかも知れないけれど
そう言った雰囲気あります。
(以前の作品はシュルレアリスムぽさが強い)


a0275477_23222723.jpg

植物っぽい 何か

家族写真ぽい やつ

超ありきたり風と見せかけて、全く訳がわからない面白さ。


a0275477_23222801.jpg

モンロー みたいな人
の顔には亜空間。

うっかり、ぽっかり感がすごくスキ。


なんと言うか、
空間の生み出し方がすごいんですよね。

もうほんと、喋るなって感じの感想ですけど。


a0275477_23222852.jpg

長州みたいな虚無を抱えた人
同じくレスラーっぽいバスキア的顔面の人

に挟まれたアメリカの良心的なおばさん。

シュール…


どれもモノクロのグラデーションが美しい。





良いわあ良いわあしていたら
会場にご本人登場。

最終日はサイン会が開かれるとの事で…


a0275477_23222926.jpg

しっかり図録を購入し サインを頂いた上
図々しくも写真を撮らせていただきました。

あまりの事に 僕の視線が虚無を向いています。

図々しさついでに握手もしていただけばよかったなー


とっても気さくで 気持ちの良い方でした。
こんなかっこいいおやじになりたい。




作品を見られた事と ご本人に会えた事で非現実感でふわふわした1日でした。

あながちキワキワまでならないと行動しないのも悪くない…
とかサインを見つめながら思ったりしておる夜なのでした。


[PR]
by tspacemen | 2017-04-17 23:25 | art | Comments(0)

Julian Opie展

その名前を知るよりも先に、
ブラーのベスト盤のジャケットで存在を知った
現代美術家のジュリアン・オピー。


簡略化・記号化された人物像がとても印象深いですが、
映像、スカルプチャーの製作もしていたとは知りませんでした。


a0275477_10445016.jpg

青山の Maho Kubota Gallery にて その新作の展示が開催中。

例の人が歩いているのを横から捉えた絵は
色ごとに素材を重ねて立体になっており
2次元と3次元の曖昧な中間。

意図するところは…?




映像作品は2種類。


動くものを一切排した風景
(アクリルに書かれており、バックライトが点灯しておらず、仄暗い)
と、その風景に本来あるべき 動きのあるものを音とともに流し出すアニメーションがセットになったもの。
(動画は明るく、逆に風景が無い)

ひとつの自然な視点が動と静に 丁寧に取り分けられている。

絵画を見たときに、そのフレームの外の世界や音を空想するのを
ひとつの作品がやってくれているような感じ?


もう1つは何かの移動手段にまつわるアニメーションをリピートして見せるもの。
飛行機から俯瞰した田園、車の運転席から見たトンネル内、郊外の風景。

または夜の漁港、ハイウェイの固定視点。
スムースに繰り返す様子は見ていて飽きません。

点や線、図形を多用しているのになんのシチュエーションなのかわかる、
と言う 「親切さ」までは失っていないミニマリズムは彼ならではですね。




と、語彙が無いのにあれこれ説明しようとしてもどだいムリなので
可能であれば足を運んでみてください。
(丸投げ)
入場は無料です。

どうやら購入もできるみたいですよ。
値段は推して知るべし、て感じでしょうけれど。




a0275477_19331136.jpg
BLURだけじゃなくてトムのおじじも描いていたりして。
今のおじじも描いてもらいたい…


僕、
イラストレーターの白根ゆたんぽさんの絵好きなんですが
絶対に影響されていると思うんだな。

ゆたんぽさんの絵には よりなんていうか肉感っていうか、ナマっぽさがあるけれど。
ZINE欲しいな…




やあしかし
都内はフリーで美術に触れる機会がたくさんあっていいな〜



[PR]
by tspacemen | 2016-11-15 23:56 | art | Comments(0)

青森限定だそうです

えりい がイラストを描いたジュースをもらった。
a0275477_1150165.jpg

こげな絵も書けるんかいな。

「MADE IN AOMORI」

いいっすね。




このDiamond Appleは青森限定なんだとか。
さすがリンゴの最大産地。うまーです。


お土産にぜひ。
[PR]
by tspacemen | 2014-11-15 11:40 | food | Comments(0)

amos toys

a0275477_22592549.jpg

今年も開催されないのだろうか?
all tomorrow's partiesの日本版、
I'll be your mirror。


2011年の春だったか開催されたフェスでしたが
あるアーティストをキュレーターとして
その人達が出演アーティストを決めると言う
珍しいイベント。

日本版では事務局が出演者を決めましたが
それでもニクいチョイスで
楽しませていただきました。

God speed you! Black emperor
灰野敬二
Fuck buttons
Boredoms
Dirty three
Autolux等々


進行に問題アリアリな感じでしたが…



そのオフィシャルグラフィックを担当していたのが
サイラスなんかでもおなじみ
エイモス・トイズのデザイナー、ジェームス・ジャーヴィス。


いかにもあちらのお家芸とでも言える
愛嬌があって
ポップでカラフルなキャラクターが彼の特徴。

a0275477_22592620.jpg

会場限定で売っていた大ぶりなフィギュアを
勢いで買ってしまって以来
(しかも結構高額だった)
アソート物にも手を出し、
ベアブリックと共に
私的・おもちゃブームリバイバルを
一時期形成しておりましたのはどうでもいい話。



何か特殊な用途があるのかは知りませんが
美少女もののフィギュアを買う気持ちが
全くわからないでもない。


むしろはたから見たらおんなじかも知れない…
[PR]
by tspacemen | 2013-02-18 22:58 | art | Comments(0)

anthony ausgang

アンソニー・アウスガング
アメリカ西海岸出身のロウブロウ・アーティスト。
カトゥーン・タッチの猫がおりなすエロでダーティかつ幻視的な世界観が特徴。
音楽のにおいもします。


一年位前からストリートアートに傾倒しておりまして
そう言えばCDのジャケットでよく見るあの絵は誰のだろう?
と調べて知ってからと言うもの
ちょっとはまり気味。



探したらとりあえずこれだけありました。
a0275477_138847.jpg

mgmtのジャケットに使われたので
絵だけは有名かもしれませんね。


どれも
キーワードはサイケですな。


エクストリームスポーツブランドのvolcomが
彼の絵をプリントしたアパレルを展開していて結構欲しい。

a0275477_1455535.jpg

これとか。

(余談ですがこの絵は
fuxaが元specialsのメンバーによるバンドfun boy threeの名曲、
our lips are sealedのカバーをシングルで出した時のジャケットに使われています余談終わり。)

…けど
タンスの肥やしになりそう。



まあ
ただのミーハーと言われてしまえばそれまでですけど
流行のものや、素敵な服だけじゃなく、
ダサくても何かしら自分のその他の趣味とリンクするものを
ちょこっと混ぜるのが
自分らしい服装
(大げさだけどひいては自分らしい生き方)
に繋がっていくんじゃなかろうか。

まあまとめるセンスはかなり必要でしょうけれども…



いかんいかん
買うための口実を考えてる。
これはもう懐次第だ。
(その際には作品集も一緒に買おう)
[PR]
by tspacemen | 2012-12-18 01:59 | art | Comments(0)