新譜買っていないのを思い出す

CANのシングルもめちゃめちゃにそそりましたが、
さすがに2曲入りで6800円は高い…


a0275477_23210056.jpg

よって
同じくらいそそってお求めやすいこちらを。

ジーザスアンドメリーチェインの1st、
サイコキャンディの名を冠した缶入りのアメちゃん。

コラボばやりの昨今ですが、
これはとりわけ秀逸。

マジで最高です。


a0275477_23210049.jpg

左から、コーヒー、グレープフルーツ、緑茶味。

飴なんて年に3個も舐めませんが
あまりに心踊ってしまい、全味買ってしまった…


消費しきれる気がしません。


a0275477_23210109.jpg

いやほんとスゲーと思ったのは、
製造がサクマってところです。

ガチもガチ、缶入りキャンデーと言ったらのサクマ製菓です。
思わず火垂るの墓を思い出しちゃったよ。


色は良いんだけれど ハッカの味がダメで
“1日1個だけ”
にパールホワイトが出てきたときの悲しさ。

懐かしいね。




こう言う遊び心のある企画、大好きです。
むかーしむかしのCAN缶のTシャツも欲しかったなあ。

ちょっとオークションに出品されていないか見てみよう…


[PR]
# by tspacemen | 2017-06-05 23:18 | food | Comments(0)

時を経て、請求

a0275477_22551885.jpg

締め日と給料日の関係で、
6月はビタ一文収入がない事が発覚した者です。


退職の開放感にあてられてノリノリで買い物してしまいましたが
はっきり言って破産してます。

8月の部屋の更新のお金も貯められているはずもなく、
逆になんか清々しい気分です。
やってやったぞー!壊


a0275477_22551959.jpg

そんなノリノリ気分で買ってしまった一足。


30歳前後の人は
欲しくてたまらない夜を過ごした記憶もあるはず?

今のニット素材スニーカーに先駆けること15年前位
平ゴムを編み込んだアッパーが強烈なインパクトだったエア ウーヴン。


当時はプレ値で取引されていましたので、
ド田舎に住んでる中高生に手にすることは叶いませんでしたが
僕も大人になったのさ。(良くも悪くも)


a0275477_22551950.jpg

と言う訳で復刻されたエア ウーヴン プレミアム。
プレミアムなのは グラデーションに染められたカラーの事なのかどうかは、知らない。

昔はカラフルなのが欲しかったですが、
なんとなく現代アートっぽいような
「ミラージュ…」ってよく意味も分からずに呟きたくなるような
この色にやられて購入。

イケてます。


a0275477_22552052.jpg

スポッと簡単に脱ぎ履き出来るので大変ありがたいのですが、
いかんせん履き口が浅すぎてどの靴下とも合いません。

どうやって合わせるべ。


ともあれ あの頃欲しかった一足が手に入ってルンルンです。




そんでもって
どうやって口座残高と各種支払いを合わせるか、
そっちが大変に問題であります。


もう一足買っちまったよ…


[PR]
# by tspacemen | 2017-06-04 22:20 | wardrobe | Comments(0)

#7.04 社会の出窓は閉じられた

前の職場では古株だったし、
僕の服装をみんな理解してくれていたと思う。

ボロいのを味、としがちなとことか。




でもさすがに入社2日目で、
それもたくさん社員がいて、(前職の何倍だ?8倍とか?)
多くのキレイなおねいさんがひしめき合っていなないている中

どんなに

「明日はコレ穿いていこう」

と思っても
股間に穴を開けたままでは気が引けたのです。


a0275477_20482882.jpg

よって木曜日帰宅後
アトリエラデュランスをリペア。

おマタは穴が空きやすいわりに
しっかり直そうと思ったら結構手間なので
中途半端に補修しがちです今回もです。


a0275477_20482933.jpg

完全にステッチの方向ミスっていますが、
股間の穴は広範囲に接着芯を貼り、
自作ジーンズの裾上げをした際の残布で当て布。

ほどくのが面倒くさくってホント仕方がなかったので そのまま作業しましたが
ステッチの際が次は破けると思われます。


a0275477_20482968.jpg

裾の折り返し部分も適当に芯を貼って叩いておきました。

なにせ今回の作業のテーマは

「取り敢えず明日穿いて、キレイなおねいさんに変な顔されない」

だもんで
完成度もへったくれもありません。


あるのは
"股間だけは塞ぎたい"
その想いだけです。




まあ結局、
僕はダメージの痕跡が残るようなリペアしかできないので
穴が閉じたってだけで 主張度は対して変わらない仕上がりとなりましたよね。


2日目もやはり
マネキンに服を着せちゃ脱がし、着せちゃ脱がしを繰り返しつつも
慣れ親しんだMacからWindowsにパソコンが変わった事でストレスを感じまくる1日でした。




予定では既に「T君スゲェな…」の一声を頂いているはずだったんですけれど…




DATA
Atelier LaDurance「Frontier Pants」
2011年3月購入
洗濯回数7回
最終洗濯日2017年5月30日
リペア回数2回



[PR]
# by tspacemen | 2017-06-03 07:56 | self vintage | Comments(0)

#7.03 最近のメイン、メンテナンス前

a0275477_19505591.jpg

そう言えば去年の洗濯後 記事にしていなかった。


a0275477_19505656.jpg



a0275477_19505646.jpg

ご多分に漏れず 僕もこのごろあまりジーンズの気分では無くなっているのですが、
それでも良く穿いたのがアトリエラデュランス。


極端なサイジングがブーム。


a0275477_19505755.jpg

お股にぽっかり穴が空いてしまったので
このままでは露出癖のある新入社員と思われてしまうかも知れません。

リペアをする前に洗濯を決行しました。


ほんとだったらシンプルなデザインの太いジーンズを穿きたいところですが、
(Comoliのベルト付きのとか)
財政が予断を許さない状況ですし 当分ガマン。

て言うか早々に作ってしまおうと思います。


a0275477_19505892.jpg

何気に蜂の巣もくっきりしてきました。

年一ペースの洗濯だと濃淡がくっきりして好みですね。
文句なし汚いけど。




昨日の夜リペアを軽めに終わらせたので
その様子はまた次回。

平日に時間が取れるのは幸せだなぁ…




DATA
Atelier LaDurance「Frontier Pants」
2011年3月購入
洗濯回数7回
最終洗濯日2017年5月30日
リペア回数1回


[PR]
# by tspacemen | 2017-06-02 19:50 | self vintage | Comments(0)

心機一転

ハイ、
4年8カ月振りの新入社員を味わって参りました。

あるんですね、ホワイトな会社。
あまりの環境の違いにびびるわ。


前職は下請けですから
無理難題や理不尽を押し付けられたり
工場との間でムギュッと板ばさみになったり
上司が隣の席で始終怒鳴り散らしてたり
していましたが、
納品さえしてしまえば あとは金の支払いを待つばかりな世界だったわけです。


今度はブランドサイドですから
自分がデザインしたものが売れなかったら
「あなた、もういいですよ」
の世界なわけです。(極端に言えば)


おっかねー。

けどおもしれー。


a0275477_20502653.jpg

まあ僕が今日やったことと言えば
打ち合わせで人一倍フムフムと首を振ってみたり、
マネキンに服を着せちゃ脱がし、着せちゃ脱がしを繰り返したくらいなんですけれど。

大丈夫か今年31歳⁉︎




それはさて置き
5月の頭から色々充実し過ぎて記事が追っ付きません。

先週はユーフォルビア・ホワイトゴーストの植え替えを。


なかなか根張りが弱い種類みたいで
我が家に来てからもグラグラグラグラ、
徐々に傾きながら成長し 遂には画像の角度に。

これはイカンという訳で


a0275477_20502718.jpg

旧・サムライドワーフ邸にお引越し。

ちょっと深めに植え込んでみましたが、
いまだグラグラは収まらず…

置き場に困るなー


見てくれはだいぶ良くなったんじゃあ無いでしょうか?


a0275477_20502828.jpg

確か真夏に急成長を見せるタイプだったと記憶しておりますので
これからの季節が楽しみですね。


僕も早く慣れて、
夏には周囲に一目置かれる存在になりたい存在であります。


い、一緒に頑張ろうなぁぁぁ


[PR]
# by tspacemen | 2017-06-01 20:24 | green | Comments(0)