<   2016年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

居酒屋でよろしい

ちょっと早いですが
昨晩は職場の忘年会。



a0275477_19320405.jpg
レストランは六本木の森ビルの53階。
窓の外の夜景がスゴい!

結婚式以外でお料理の説明を頂けるところ、
なかなか行ったことないです。


こういうところ、自費で行く日は来るのだろうか…


a0275477_19320687.jpg
東京タワーを眼下に。

ブルジョワジーはこう言う光景を毎晩見ながら
お食事を取られているのでしょうか。

すごい…すごいわ……


a0275477_19461642.jpg
はっきり言ってめちゃテンション上がったよね。
友達と行っていたらキャッキャしたよね。多分。


料理ももちろんおいしく (しかもシャレてる) 接客もしっかりしていて
さすが六本木、さすが53階。
大満足でございました。

タダだし。


こう言うお店でプロポーズされた日にゃ そりゃ断る事出来ないよね。
と男ながら思ったわ。




まあ…飲み過ぎてメインとデザートの記憶ありません。
多分肉と甘いものだったでしょう。

ワインボトル1.5本分、ビール2杯、日本酒…
そりゃそうなるわ。


ついでに言うなら
家に帰ってからカップラーメンとビールで〆たみたいです。




つくづく…

良いとこ行くだけ もったいない奴だよなあ…



[PR]
by tspacemen | 2016-11-30 23:50 | days | Comments(0)

余裕で10年持ちますので

これまた経年変化の楽しそうな。



今月完全にタガが外れていますね。
もうスニーカーラックは130%満席です。

でももっと欲しい。もっと下さい。




VANSの PREMIUM LEATHER PACK "VEGGIE TAN" より
SK-8 HI REISSUE ZIP。


画像を見てすっごく良いなあと思っていましたが、
実物はもっと良かった。
(値段もね)


購入はBEAMS JAPAN。
全モデル並んでいましたが、やっぱハイトップ好きですので。


a0275477_21405946.jpg
アッパーは全て植物タンニングのレザーで統一。
シューレースも色合わせ。

履き込みによって飴色に変化して行くのでしょう。
(シューレースはどうなんだろう)


a0275477_21410020.jpg
タンのネームもレザー。ロゴはエンボスで。
徹底している!

いいっすな〜


内部も同素材で、履き心地は堅め。
決して良くはないです。


a0275477_21410142.jpg
バックにはファスナー。
これはイマイチポイントと思う人もいるかも知れませんね。

僕はさほど気にならなかったし
なにより着脱のしやすさは有り難い。

ハイカットは出勤間際に思わぬ時間を取りますからな。


ただ…


a0275477_21410205.jpg
うーん
三角パッチはいらんかった。
ほかにやりようあったのではないかしら?
僕には思いつかないけどさ。(他人事)

まあ トータルで見たらこれくらい、って感じ。


ヒールのロゴもミッドソール同様まっ白ってのがまたいい。


a0275477_21410332.jpg
アウトソールもまっ白。
ここまで潔いのも珍しいです。




余談ですが
ヴァンズのスニーカーっておろしてから少しの間は
ソールのエッジが削れてピョローってヒゲみたいになるじゃないですか。
アレ好きなんです。
なんか自分に馴染んで行くような感覚があって。


変態的である事は自覚しています。ええ。


a0275477_21410480.jpg
増えたり減ったりでこのラインナップ。
何年履いているんだろう…

x マークは2005年のリリースだから 11年、
キャンバスのはそれ以前から履いているから…???




とっても普通に黒白も欲しい今日この頃。




職場の上司には

「エンダースキーマもそうだけどさ、履き込むと汚いじゃん。
俺それが嫌で買うのやめたわ」

と経年劣化をさして言われましたが
およそありとあらゆる変化を味として受け入れる
懐の深さと貧乏性を持ち合わせていますので無問題。

何なら早く変化してくれとさえ思ったり。




新品ピカピカの、今の流行!

みたいなアイテムのみの服装って
そりゃおしゃれでしょうけれど
あんまり魅力を感じないなあ…

どこかにその人のストーリーというか、パーソナルな部分が覗かないと。




となると僕のストーリーだかパーソナルだかは “汚さ” っちゅう事になるな。


む…
どうなのそれ?



[PR]
by tspacemen | 2016-11-30 00:51 | wardrobe | Comments(0)

思考の秋

何となくずっと精神的な感度が下がってしまっているのですが
最近刺さった記事をふたつ。




コストの安い服についての言及には概ね同意。

過酷な環境で仕事を強いられているって言うのが指しているのは
あるいは僕かもしれないし、中国で見た彼女らかもしれないけれど
とにかくハッピーでない人が、
コストにゆとりのある製品よりも多く存在してしまっている事に間違いない。

クールの定義に関しては笑った。
ほんとそうだよね…イケメンに生まれたかった…

元Supremeのクリエイティブディレクター
と聞くと、なんだかチャラそう (いや、ほんとただのイメージ)
って思えますが
Brandon Babenzienの商品への想いには 非常に真摯なものを感じました。





まず僕はヒップホップと言う音楽を全く聞かないので その周辺の文化や
彼の作るリリックやサウンドとその評価については全く知らないのですが、
おそらく漠然と誰もが社会とか コミュニティに対して感じている閉塞感ってあると思うのですよ。

いずれどこか飛び出して行って、自分の可能性一つで
(もっと言えばそんなもの無くても)
生きて行きたい。生きて行ける。


と考えつつも
どうしても守りに入ってしまうのとは対照的に
極めて乾燥した目線で物を見て、思慮浅く感じるほどにあっさり行動している。

けど実際、
やっている事とそれに伴う実績は
極めて熱血漢のサクセスストーリー。

語り口の冷めた印象と辛辣さとは裏腹に、ってのが
凄くグッと来る。


むかつく、って言うより
なぜか悔しい、負けてらんねえと奮い立たされました。
おっさんでもこう思うんだから 同世代の人たちはどう思うんでしょう。




a0275477_20493166.jpg

なんて
外回りの途中に落ち葉を踏みしめつつ反芻して考えてみたり。

ちょっと何度か見返そうと思って、ネタにしてみました。
(ネタが無かったとも言える…)



[PR]
by tspacemen | 2016-11-28 23:49 | days | Comments(2)

スイーツおじさん爆誕

俺は男だよ。
パンケーキなんて女子女子しいものは食わねえよ。




なんて億泰チックなことを思っている訳でもありませんが
特別食べたくもならないし、
行列を横目にしては

「並んでまで食べる価値あるんかい」

と思っている食べ物。


今日は所用で彼女さんと銀座、
休憩はパンケーキとかき氷が人気だと言う “雪ノ下” へ。


a0275477_22374278.jpg
20分くらいの待ちで入店。
頼んだのは檸檬のプレーンと、ブレンドの#7。

ドリンクセット約1400円にはおじさん思わず眉間にしわが寄りますが
(なにせ貧乏性&外であまり甘いもの食べない)
表参道・青山エリアだったらもっとしますかね…


外はかりかり、中はしっとりの焼き加減。
卵、牛乳の濃厚さ、と檸檬のシャーベット・煮たヤツ(?)の酸味が絶妙でした。

これはハマるの分かるわ おいしいもの。
お皿の上無くなっちゃって寂しい気持ちある。



あと水が凄くおいしかったです。
店員さん 鹿児島のって言ってたなあ。

蛇口ひねってあの水出たら最高。




ラーメン以外に30分以上待つ事は出来ませんが、
そうでなければまた来たいなとか思ったり。

かき氷もおいしそうでした。




しかし今日は服装がダサすぎパッパラパーでしたが、
DSMG で専門学校卒業以来の友達とばったり。

久しぶりだというのにこんな服装で…

何とも恥ずかしかった。
気を抜いちゃダメ、ですほんと。




そのドーバーでイケてるアイテムを発見
するも 希望の在庫数が無かったためブランド直営サイトから通販かます。

今日はお金使わないつもりでいたんだけどな…
ここも気を抜いてしまったようです。



[PR]
by tspacemen | 2016-11-26 22:38 | food | Comments(0)

おしりヒリヒリ丸

a0275477_12524353.jpg

なんで帰り際になるまで写真のこと忘れちゃうんだろ。
金曜夜は久しぶりの友達2人と飲み。


いつも凄く刺激になるんだよなぁ。
行動とか、近況とか、
そういうの聞くだけで 発破かけられるような。




ケツひっぱたかれるばかりも悔しいので
僕もビッと気合い入れて。

よっしゃ!


[PR]
by tspacemen | 2016-11-26 10:40 | days | Comments(0)

自分タメじゃん

a0275477_22231566.jpg
まあまさか面倒な海外通販を
あの一足のためにはしない訳で。


a0275477_22231651.jpg
アシックス のゲルシリーズ生誕 30周年を記念して
"ASICS TIGER GEL 30TH ANNIVERSARY PACK"
がリリース。

GEL LYTE 5、GT-COOL XPRESSと並んでラインナップされた
GEL LYTE 3 を購入。

5手放さなきゃ良かった…


a0275477_22231779.jpg
3の大きな特徴としてはこのスプリットタンが上げられるでしょう。
タンが中心で左右に分かれており
足の甲への圧迫感を軽減する…

と言うのがこのシステムの謳い文句なのですが
「ほんとにい〜」
と思いつつ履いてみると…


イヤまじで圧迫感ないわ!!
(単純)


甲高の人にはいいかも知れません。


a0275477_22231802.jpg
横顔。

アシックスの配色って結構…いやかなりヤバいのが多い気がしますが
こいつはレトロフューチャー感のある色使いがナイス。

ぶっちゃけ履き口がノイズっぽくなってんのはどうかと思うけどね。
ちょっとね。


プレーンなデザインなので女の子が履いてもいいですね。
個人的にはエグいのを履いて頂きたいですが。


a0275477_22232078.jpg
「GEL」の文字はブルー。プリントです。

このスニーカーどこから眺めてもかっこいいぞ。
他の色も欲しく…




履き心地はと言いますと、
前述のように甲は快適。しかも軽ーい。

しかしワイズが細いみたいで、
いつも通りの29cmを買ったところ ちょっときつい…
(国内では28.5cmまでの取り扱いしか無いらしく、今回の通販に踏み切った訳ですが)

彼女さんもグレーのを持っているのですが、
いつも通りのサイズではつま先が当たってしまうので
大きいサイズと交換してもらっていましたね。そういや。
忘れてたわ。


参考までに…








いやーしかしやばい。

凄くやばいっす。

スニーカー止まらないテンションになってきたっす自分。


買おうと思っていたアウター、
良く行くお店でサイズ切れてしまっていたしなー。

米Amazonのカートの中も 円高に傾いてきたら来日して頂こうかしら。



[PR]
by tspacemen | 2016-11-26 00:50 | wardrobe | Comments(0)

おニューをおろそうとすると

エキサイトの集計方法が変わったからか何なのか、
今月半ばからこのブログを訪れてくれる方がすんごい増えてるんです、すんごい。
(とは言え小遣い稼ぎを考え出す程では全然ない)


別に秘密の日記をつけて
それを一人見返してムフフしてる訳でもありませんので
もちろんやっぱり嬉しいんですけれど、大丈夫ですか。


時間、無駄にしていませんか。








僕は自分がいかに成長しないかを確認する場として
大いに活用させて頂いております。

この記事によると2013年の6月30日ごろに
Nike の Air Footscape Motion のパープルを購入しておりますね。


その昔
Air Footscape 2 を高校生の頃に買って、
周りにクソミソに言われて速攻手放しはしましたが
結構気に入ってはいたのですよ。
(ぬいぐるみの足みたいではあったけどさ)

それが何となくずーっとひっかかっていて
ついにフットスケープ・モーションのお買い上げとなった訳ですけれど


 ①サイズがちっさかった

 ②やっぱダサかった


の2点により
またしてもすぐに手放した訳です。


a0275477_21454021.jpg
えー


また、また、買いました。

Air Footscape NM。


イギリスは Urban Industry から海外通販した訳ですが
急速な円安により、
国内で買った方が僅かに安いくらいの感じに仕上がりました。


値段の メリットも 無しに、
2度 手放している シリーズを 買う。




その間3年。
おかあさん、僕は元気です。


a0275477_21454266.jpg
配色はオリジナルからトゥーキャップの配色を変更。
先がオフも好きですが、
コレはコレでビッと締まっていいです。


a0275477_21454390.jpg
インサイドのカーブの内側って別地だったかな…
何とも通気性が良くなっていそうな仕上がり。

同じデザインでもどんどん進化して行くのって、
冷静に考えて凄いよね。


アウトソールもグレーに。
アパートの通路と色合わせはまさかのばっちりです。


a0275477_21454461.jpg
NM = Natural Motion
らしいですが、
元々のソールを比較する事が出来ませんので
果たして自然かどうかは、不明。


a0275477_21454574.jpg
ヒールのスウッシュ部はリフレクターになっちょりますので
夜道も安心。


私事ですがリフレクターブームは去りました。




と、
いい感じに仕上がっております。


タイトルですが
僕は新しい服とか、靴とかをおろすと雨が降る、
でおなじみ。

今日も履く気満々でしたが
おもくそ雪振っていましたので断念。


明日こそ履いて出かけよう。



[PR]
by tspacemen | 2016-11-25 00:46 | wardrobe | Comments(0)

ロバート・フランク ; ブックス アンド フィルムス,1947-2016 東京

a0275477_18484927.jpg

11/24まで東京藝術大学・陳列館にて開催中の
「Robert Frank ; Books and Films,1947-2016 in Tokyo」
へ行ってきました。


会期終了前の最後の休日という事で かなりの並びが出ており、
入場まで40分ほど。

舐めてた…


a0275477_18485035.jpg

まず二階から。
拡大印刷された写真が、収用本ごとにまとめて掲示。
奥には映像作品、中央机には本。




この人の切り取る、
当たり前の日常の中の “強く訴えかける瞬間”
の静かな雄弁さ。

極めて冷静な客観視と、同時に感じる暖かさ。




差別だったり、貧困だったりを映し出してもいながら
そこにはユーモアだったり、慈しみだったりが確かにあって
悲壮感のみに終わらないところがほんとうに素敵。


正直 名前くらいしか知りませんでしたが
写真集を買ってゆっくり眺めて見たくなりました。


a0275477_18485137.jpg

一階は大小様々なフレームを迷路状に設置し、
そこにカラー写真、メッセージ、映像などを配置した
部屋が丸ごとコラージュになっているような展示。


バラエティに富んだ内容となっており、
友人やビートニク達を被写体にしていたり
ハエの死骸とスイミングをする人を対比させていたり。
(説明しがたいけれど、なんか似ていて笑える)


アレン・ギンズバーグの詩の朗読なんかもあって、
英語が理解できたらもっと楽しめるんだろうな。


とか、
よりパーソナルなロバート・フランク像が垣間見えます。


a0275477_20022936.jpg

天井から本が吊り下げられた部屋。

一通り読み終わってから気がつきましたが
これ結構 図的に面白いですよね。

ちょっと滑稽…
どんな意図なんだろ?


a0275477_20023087.jpg

階段 踊り場の壁には
ストーンズ不朽の名作、「メインストリートのならず者」
に関する映像作品。

これも彼の仕事だったのか。


時間がなかったので
(ミック イケメンだな…)
くらいの感想に…。

ゆっくり見たかったな〜




いずれも本人の書なのか、
英文のメッセージと それの和訳が書き込まれていましたが、その中の


“忘れたくない”


の言葉に
何かとても強いものを感じました。




そう
何かを体験した時の驚きや感動、
衝撃や喜び。

彼のみならず
著名な写真家の作品を見て伝わるのは その瞬間その場の空気だけではなく
目撃者としての彼らの 心の動き だったりする。


(そして僕がここにどうでも良い事を書いているのもひとつ、
忘れていってしまう事への抵抗 だったりする。
永遠の記憶への欲求。)




館内は自由に撮影できますが
忘れたくない、本当に心に響いたものは
あえて撮らなくても残るものだと思って 様子だけを。


とかかっこつけず撮っときゃよかったよね。実際。




a0275477_20023143.jpg

すっかり暗くなった帰り道、
上野公園の桜並木にはイルミネーション。

もうそんな時期ですね。

カップルがキャッキャしとりました。


僕はひとりでしたので
そそくさと退散…






とても濃い内容、展示数で
期間が短いのがもったいない。
(しかも無料ですよ奥さん?)


明日までですので、
もし時間のある方には 是非とも足を運んで頂きたいです。


[PR]
by tspacemen | 2016-11-23 20:02 | art | Comments(0)

モンドおじさん

Tくん見てると寒い。


a0275477_21594785.jpg
社内でよく言われます。




うそでしょ、この気温でダウンとかあなた、真冬どうするの。

中に着ているのニットじゃない。

今からそんなじゃ山で生きて行けないわよ。


え?

住むつもりも行くつもりも無い?

あらそう残念…




a0275477_21594830.jpg
ちゅうわけでTシャツ買ってます。

あっという間にクローゼットに増殖したブレインデッド、 "MONDO BD Tee"。

今期からボディ変わってます。
ちょっと大振りになって、肌触りががさっとしてます。

僕自身は特別大振りにはなっていませんが
今期から Lサイズにしてみました。


うーん、
やっぱこっちのサイジングだったな…


a0275477_21595095.jpg
購入はSUPPLY TOKYO (BACK DOOR)。
こちらのセレクトほんと好きなんです。
ちょっと移動が不便な立地ではあるけれど。

(つうかここら辺住みたい)


a0275477_21595194.jpg
バックプリントが秀逸。
まじでセンスあるよなー


a0275477_21595232.jpg
元ネタなんなのか、
って言うかそんなもんがあるのかも分かりませんが
確かにちょっとモンドっぽい。




しかしモンドって定義しづらい。
聞けば「あ〜モンドっぽいわあ〜」と分かるけれど
どう表現すればいいのだろう…

サイケほどにドロっとしてはいないけれど
かといってポップスほどにまともでもなく
奇妙さを狙った訳じゃなくて、あくまでもまじめに作ったらそうなっちゃったみたいな…


漫画でいったらつげ義春。
あれはモンドだとおもう。

うしろの百太郎もモンドかもしれない。
グラップラー刃牙も もしかするとそうかもしれない。

うーん、わかんね。

(とにかく今夜はブルース・ハークを聞こう…)


a0275477_21595364.jpg
戻りまして 袖にはお決まりの刺繍。
そう言えば布帛Tには入っていなかった?

前後にプリント+刺繍ですから
ここら辺のブランドにしては豪華ですよね。
相場で言ったらおトク感ある。




ここでふと思ったのですけれど僕、
程よく寒さを防いでくれて軽いアウター持っていない。

中綿が入っているでもなく、
かといって全くの羽織でもない…




a0275477_22052917.jpg
と、言うところで

アクロニウムのコレ
めっちゃ欲しいけどね。
値段がすごいよね。

支払いを想像したら懐が凍えそう…



[PR]
by tspacemen | 2016-11-23 00:35 | wardrobe | Comments(0)

客観性の大切さ

うわあしまった、
仕舞い込んだまま すっかり冬の気候に。


a0275477_21160115.jpg
PRMTVO (プリミティボ) のロンT、
発売直後に購入したのですけれど
そのまますっかり存在を忘れていた…


家に帰って包装から出して

「なんかどこかで…」

な 気がして、
かつ、なんとも合わせにくいような で
どうして着ようかな〜と考えているうちに放置プレイに発展。
タンスのコヤシになってしまっていました。

ハードすぎたよね。ごめん。




発掘した日に早速着用しましたが
彼女さんに

「ロードレーサーっぽいね」

とのご指摘を頂いた瞬間
モヤモヤとした既視感がパアアと晴れ
その向こうにミラーレンズにヘルメット姿の自転車乗りが振り向いて親指を立てていたのでした。
(ボトムは黒のスパッツの)
ほんとうにありがとうございました。


a0275477_21160291.jpg
とは言えニューウエーブっぽい、サイケっぽい、ファンクっぽいプリント。
ものすごくポップグループを思い出すかんじ。

うん。好き、ではある。
ここのプリントは音楽を強く感じます。




ボディは AL STYLE っぽいけれど どうなんでしょうね。
さらっとしてライトオンスで、ネームが小さかったっぽいけれど。


自転車が似合い過ぎないように注意して
なんとか年内にもう何回か着用したいです。




あーしかしプリントTを見るたびに時間が欲しいなあと思う。
悪巧みが全然進行しねえ!



[PR]
by tspacemen | 2016-11-21 23:51 | wardrobe | Comments(0)