<   2015年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

もうきっと離さない

2月の頭に予定がバシバシ入って、
それ自体は嬉しいのですけれど
先立つものがちょっと心もとない。


そんな訳で
増えすぎたワードローブ、CDやレコードを整理するのも兼ねて
あれこれ売っぱらってやろうと。

もう数年 ご無沙汰していて、今後もご無沙汰するであろう
取っておく程の愛着の無い物たち

サヨナラ〜
してやろうと。




どなたか他人の手に渡るのでしょうから
朝からアイロンかけたり汚れを落としていたりしていたのですけれど
その中の一足。


a0275477_18111837.jpg

Nonnative x NewbalanceのM1700。
下北の古着屋で買ったもの。

買った時よりも断然綺麗になりました。


もの自体は凄くかっこいいし、
少し重くはあるけれど
さすがのクッショニングで1日履いていても疲れません。

ですが
どうにも似合わない気がして。


しかしじっくり手をかけて手入れをしているうち
これ買った時ああだったなぁとか
履いてどこ行ったなぁとか
誰々に褒められたなぁとか
色々と急に思い出して




手放せなくなりました。
(本末転倒)




a0275477_18112065.jpg

いい。

やっぱいい。


これを履かない手 (足) は無い。




結構こんな事で残っているものがたくさんあるんです。
しかもより大事に思えてしまうと言う。




では、残念ながらそうは思えなかったものたちを見送って参ります。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-31 18:09 | days | Comments(0)

犬は飼い主に似る

a0275477_11373937.jpg

青系のネルチェックシャツに目が無いもので。


a0275477_11375218.jpg

そして何でか
先染めではなくプリントのものに惹かれます。

Unusedの昨シーズンもののシャツ。
これもいい柄。
wism別注も買っときゃ良かった。




一見プレーンな1枚かと思いきやこれ、
結構仕様が変わっているんです。


a0275477_11374619.jpg

ヨークは袋縫いではなく身生地に二本針の裏環縫いで叩きつけ。
なかなか今日日見ませんね。

ほぼ全箇所が環縫いでの縫製なので
洗いをかけるたびにパッカリングが出て良い表情になりそう。


a0275477_11374912.jpg

下前端は細目の三つ折り。
こんなの初めて見たけど、良くある仕様なの?


a0275477_1137507.jpg

裾脇のカーブはガゼットがついても良さそうなぐらい鋭角。
せめてカンヌキくらい打って欲しかった…




このシャツでより強く思ったのですが、
ここのブランドって コストを抑えつつ、
チープに見せないデザイン・雰囲気作りが凄くうまい。

素材だって特別いい物使っているわけじゃ無いけど
それを逆に味わいのある佇まいとして活かしてみたり。

まあどっちが先かはわかりませんけれどね。


a0275477_11375530.jpg

ユルっとした雰囲気なので
ボトムは緊張感のある
(色んな意味で)
これとか 今の気分。
(そういや年末に洗ったのにレポートし忘れたな…)



一日の服装にアンユーズドのものが
入っていない日の方が少なくなってきました。

15S/Sも数点予約済み。
こう毎シーズン毎シーズン買うブランドって
かなり久しぶりです。


何だか僕の顔もアンユーズド顏になって来た様な
そんな事無い様な…
[PR]
by tspacemen | 2015-01-31 11:27 | wardrobe | Comments(0)

絶対オフる

a0275477_2272233.jpg

降りましたね。

積もりましたね。

でも溶けましたね。

残念。


いくつになっても雪が降るとワクワクする僕は
今だにゲレンデデビューを果たしていません。


しかし多分、そこそこ滑れる であろう。

と言うことになっております。




怒涛の日々が続いたせいで全然 身の回りのことがやれていないので
土日は仕事には出ず
掃除やら何やらをみっちりやって 遊び回ろう。

まず第一に
キツ目に判断して物を売っぱらい、
来月お誘いを頂いてるあれこれの費用を捻出しないと…




ここのところ全く“書いているだけ”な内容ばかりですね。
いかんなあ。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-31 02:27 | days | Comments(0)

晴れやかに新幹線に乗り込むために

今日も問題の解決に走り回りました。


解決能力・方法が少しずつ身について来たので
対応もどんどん。
(とは言え全然ヒヨッコ)


あれもこれも自分でどうにかしてやりたいと思うと
時間なんていくらあっても足りませんね。

何の用事もなく その日のうちに帰宅出来たのは
最後はいつだったろうか…


a0275477_228544.jpg

(関係無いけれどwism別注のオールドスクール、いいね。
関係無いけれど。)




ところで2月の末に一泊二日の社員旅行で京都に行くことに。

中国の旧正月に合わせてなので
やや気持ちは軽やか、でしょうか。
(軽やかで無いとしたら その時は多分絶望してる)


中学、専門の旅行で訪れた事がありますので
なるべく まだ行った事の無いところへ足を運んでみたいです。


今回こそ嵐山は行っておきたいし、
新撰組ファン的にベタな各所も回ってみたい。
(池田屋はチェーン系居酒屋になっている?)


a0275477_228695.jpg

(関係無いけれどwism x NEXUS VII.のB-15Cもいいね。
関係無いけれど。)




Web上では常連のレコード店Maditations、
セレクトが好みなショップ amplanp
どちらも実店舗へもお邪魔したいな。


あとはラーメン。京都ラーメン喰いたい。
どこがおいしいんだろ。




目一杯楽しむためにも
明日も頑張るぞーい。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-30 02:28 | days | Comments(0)

月日の過ぎるのは早いもの

友人が あとひと月で東京を発つ。


服や音楽のコアな話が出来て
バカにしたり バカにされたりが出来て
真面目な話を真面目に出来るやつ。




門出は祝福してやるのが本来 正しいかと思いますが、
正直に言ってしまえば
行って欲しくないなー。


まあ、大の大人が決めたこと。
気持ちはさて置き
バシッと背中くらいは叩いてやろうと思います。




ついでに何か餞別を、
と思うのですが
これがなかなか決まりません。


あれ欲しい!
と言っていたもの贈ってもあんまり芸が無いし
どうせならながーく愛用してもらえるものが良いなぁとか、
けどそれはエゴかなぁとか。




今まであんまり他人への贈り物で悩んだこと無いし、
そして僕が独りよがりのナルシストでも無ければ
大抵喜んで貰えていた様にも感じているのですが
(実際甚だ怪しい)
友達、それも男への贈り物でこんなに悩むとは…




a0275477_2253077.jpg

今週末あたり
時間を作って見繕いに行ってこよ。




たとえ気に入ってもらえなくても
何を選んだか、より
選ぶのにどれだけ悩んだか、
の方が
実は重要なんじゃないか とか


早くも言い訳に走っております。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-29 02:25 | days | Comments(0)

2015年散財プラン

ひとまず お財布さんにはあっちに行って頂いて、
今シーズン気になっているのは


a0275477_1281081.jpg

AMI
(Style.comより)


a0275477_128126.jpg

Junya Waranabe
(こちらもStyle.comより)


直線的な柄のボトムなのです。




前者はスウェット地でしょうか、
今時なテーパードシルエット。

僕の足との親和性は低いので
実物を試着してみたい。

同じウィンドウペーンのシャツもあって、
そちらも気になります。


アミは作りに対しての価格帯もちょうど良いので
かなり楽しみ。




後者は何と無く エスニックな様な、和っぽい様な柄。
好み〜

職場の規則で ショーツはあまり出番が無いのが悩みどころではありますが…


合わせた同柄使いのマウンテンパーカもかなりイケてる。
(イケてるって好きで良く使うけど、死語だとも思う)

ただ、長くは着られないかな?


敬遠して来たギャルソンですが
プリュス、ガンリュウ、そしてジュンヤ
最近かなりよく見えます。

先日ドーバーに行った際に店員さんが穿いていた、
脇にレオパードがあしらわれたカーキのショーツ
すごく良かった。
あれ欲しい。




さあ、
ここでお財布さんに戻って来て頂くと
カード返済と言う現実もセットになっているわけで。
(分割と言えば聞こえは悪くないけれど、
ようは借金ですから!)

今年は家の更新もあるし、
昨年以上には自由に買い物できなさそうだなあ…




物欲は唸りを上げ、
金銭的体力は悲鳴を上げる。


やって来た、ジレンマのキメラ。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-28 01:28 | fashion | Comments(0)

無関心でいい状況じゃないんス

いや〜完全に。


本当もう完全に。


それこそ疑いの余地の無いくらい完全に。




お肌の曲がり角ですよ。
いやさ、曲がった。

さっきの所がそうだったねきっと。

今1丁目辺りですね。



去年あたりから 肌の感じが変わってきた気がします。
何と言うか、しょんぼり感が出てきたと言うか…


a0275477_251771.jpg

どう頑張ったところで美男子にはなれませんけれど、
せめて今の自分の100点は取りたい

と言うわけで、
頑張る私にクリニークを進呈。

(選択に深い意味無し。
実感出来るほどの効果がありそうで、現実的な価格から。
他に知っているとこが少ないと言うのもひとつ。)




いい年の男が化粧水をネタにしているのなんてあんまり気持ちのいいものでもありませんが、
ちょっと気にしていかないとマズイ
と感じる昨今なのです。


久し振りの友達に会うと 彼らの仄かに醸すおっさんの雰囲気に焦る。

傍から見たら俺もこうなの?
的な…




しかも彼らは大抵結婚していて、
取り敢えずそう言うこと頑張る必要 無いんだよね。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-27 02:50 | days | Comments(0)

そろそろ規制かけます

昨日の夜 布団に潜り込んだ直後
突然ズバーンと家系ラーメンが頭をよぎり
猛烈に食べたくなって、なかなか寝付けなかったのですが
(きっとなんかの病気だと思う)
本日は午前中から夕方まで仕事だったのでしばらくお預け状態。


職場近くの代々木にも何軒かありますが、
これだけ我慢したのなら抜群旨いのを と言うことで…


a0275477_8241334.jpg

桂家までひとっ走り。
ラーメン 750円

初めは苦手かなと思った この髄まで炊かれた赤みの強いスープ
今や他では物足りなさを感じるように。

ただ濃厚なだけでなく、
丁寧に濾してあり とてもなめらか
味わいもまろやか。




見た目ザンギエフで声も野太いのに
すごい優しいみたいな。
気配り凄くするみたいな。


ぜんっぜん伝わりませんね。




ここのスープは家系のそれともまた少し別系統と言う気がします。




麺は普通でオーダーしましたが
ロットの最後と言うこともあり
かなり柔らかめ。

でも酒井製麺の麺はこちらのスープには 柔らかめが合う気も。


調整直後だったらしく スープはややぬるめでしたが
今まで食べた中では一番旨味の凝縮されていた様に感じました。




いやー非常に美味しかった

のですが、
絞り込み中なのにラーメンづいてしまっていますね。

今週はしっかり自制して
バランス取らないと。




始めたら死ぬまでがダイエット

ですって。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-25 20:50 | food | Comments(0)

ハッピー成分 炭水化物

ジュリアナ・バーウィックのライブ終演後、
折角なのでJR品川駅高架下
ラーメン屋七軒が並ぶ “品達” へ。


a0275477_3133652.jpg

入ったのは せたが屋
つけ麺 780円。


つるっつるの平打ち麺は抜群の口当たり。
つけ汁はさらっとした魚介ベースで 引き上げのあまり良く無いものですが、
面積の広い麺とは好相性。

炙られて香ばしさのあるチャーシューとバキボキのメンマもいい。


魚介の旨味の凝縮された “ガツン汁” を足せばより深みある渋みが、
玉ねぎのみじん切りを入れれば 爽やかさと軽快な食感が楽しめ
最後の一口まで美味しくいただけました。




駒沢店で食べたものの方が
びっくりするような美味しさだった気がしなくもありませんが
満足の一杯。


先のライブの余韻と合わせて
束の間
いやなことを忘れさせてくれました。
[PR]
by tspacemen | 2015-01-25 03:13 | food | Comments(2)

Julianna Barwick @品川教会グローリア・チャペル

a0275477_2561813.jpg

昨日は待ちに待ったジュリアナ・バーウィックの初来日公演。

祭壇
(と呼ぶのでしょうか?)
にキーボードとループマシンなどをこじんまりとセットし
灯りを落とした中でのライブ。


壁面 大きな十字架の上に
水に垂らした絵具の ゆらりと揺れるマーブルの様な映像を流し
ライトニングは極めて控えめに、穏やかに。




ミニマルな鍵盤のコードへ 次から次へとヴォーカルをレイヤーし
コーラスが、バッキングボーカルが
ついには美しい歌声の聖歌隊が。


時折アコースティック・ギターやささやかなノイズのサンプリングを流しつつも
あくまでも曲を形作るのはその歌声。


いつの間にか一傍観者であったはずが当事者に。


言葉ならぬ言葉で歌われてはいても
それは自分のためのメッセージなんじゃないか。

いやきっとそう。

そうに違いない…




a0275477_2562060.jpg

結局音源はライブまでに集め切らなかったけれど
多分 絶対 それらはオーバーミックスでは無いはず。

体験した贔屓目を抜きにしたって
素晴らしいライブでした。
(実際 拍手すらも起こらないほどの
圧倒される様な神性がそこにはあった)




仕事の諸問題の解決に奔走し
会社を出たのは19:40過ぎ。
(この日だけは定時で、と何度も念をおしてはいましたが…)

石橋英子には間に合わず、
どころかジュリアナ・バーウィックも始まってた。

ライブ中も電話は鳴りまくり
メールは届きまくりの冷や汗かきまくり。

こそこそ回答をしつつ
半ば焦れる様な思いで一曲一曲を聞かせて頂きましたが それでも


洗い流される様な

生まれ変われる様な


そんな素敵な時間でございました。




しかしまじに、
入社して2年ちょい

初めて仕事を疎ましく思った夜だった。
(出来る男は辛いね!)
[PR]
by tspacemen | 2015-01-25 02:55 | music | Comments(0)