<   2013年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

とりあえず、お前パジャマからな

長らく日本で購入できる機会がなかったので半ば諦めていた…


a0275477_0352511.jpg

ブライアン・ジョーンズタウン・マサカーのバンドTシャツ。
4800円也。

ディスクユニオン様様ですわ、ほんと。


ブライアン・ジョーンズの顔に星、
そしてスペースメン3からシューゲイザーと よく見かける文字のサークル。

これ結構完璧。


ボディはアメアパなので身幅細く丈長い。
お腹が出ていると二番目に目立つタイプのボデーですな。
(一番は何と言っても丈が短いタイプ。ハミ出ます)


我が家のロックT 鉄の掟第四条、
「まずは寝巻きで味を出せ」
と言うものがありますが
個人的になかなかイケているので 明日もう着て行っちゃったりしちゃったりしちゃいたいです。

でもそんなことをしたら文字通り身をすり減らして頑張っている
「味待ち」
※あんまりダサいので味を出すことなしにオサレに着れないTシャツに
スレやプリントのヒビやかすれが出るのを待っている状態。
勝手に今作った言葉。

のTシャツ達が不憫だなぁとか。
まあいいか。




次はPsychic IllsのTシャツがほしいんだよなあー
どこかで買えないかなあー
(チラッ)
[PR]
by tspacemen | 2013-09-30 23:58 | wardrobe | Comments(0)

ラーメン凪 豚王

渋谷界隈ショッピング・クルーズの〆は
ラーメン凪 豚王にて。

代官山へ向かう並木橋の通りを、
逆に青山方面に上るとあります。


a0275477_034879.jpg

豚王 780円

トッピングや作り方を
席に置いてあるシートに記入して店員さんに渡し、
好みの一杯をオーダーできます。
ちょっと面倒くさい…
僕は麺は中太固め、油少なめでオーダー。

煮干しラーメンに定評のある凪による豚骨はどんなものだろうとワクワクして待っていましたが、
めっちゃ美味しかったです。

トロッとやや粘度の高い、
まろやかな豚骨スープは濃厚で旨味たっぷり。
雑味、臭みは感じられません。
麺との絡みも良い。

チャーシューは歯応えととろける食感のバランスのいい好みのタイプ。
キクラゲも多めに入っていて食感が楽しいです。

胡麻と七味の薬味を入れるとより味わい深く。


この系列のお店はワイルドな中に繊細な風味を残すのが上手ですね。
ただ豚!ではない 深みのあるスープ、すんごく好み。

ごちそうさまでした。




金曜の夜から今日まで遊び通せて大満足です。
さあ、今週も頑張ろう。
[PR]
by tspacemen | 2013-09-29 23:46 | food | Comments(0)

そして毒を

a0275477_23335528.jpg

GapがGQアワードの入賞ブランドとコラボレーションして展開するアイテムが
今年もローンチされたと聞き
原宿駅前のお店に行ってみしたが、
目当てのBaldwinはヒップポケットのリベットが余計だったり
縫製が簡略化されていたりと
何だかなぁな感じだったので見送り。

ギャップは毎度結構いいなぁと思うものがあるのですが
価格がすっごく中途半端なんです。

縫製や素材を見たら
安…くは無いけど、高…くも無いよな…
と言う、最も買う機会に困る価格。
でもチェックシャツはすごく良かったですね。
セールでめちゃんこ安くなったら買おっかな。
でも残って無いんですよね、大概。


a0275477_23335839.jpg

そして、
色々なショップに寄る中でふらっと入ったキャットストリートの古着屋、Pigstyで
TOWNCRAFTのプリントネルチェックシャツを購入。
6090えーん。


身幅が異様に太く、それに伴って袖もぼーん。
第一ボタンホールが破けてしまっている。
ボタンが幾つも割れている。

けれどそれを補って余りあるいい柄だ!
と思ってしまったのが運の尽き…


ピンク×パープル×グレー×ネイビー×白の毒々しい、
アシッド感さえ感じられるトーン・オン・トーン・チェック。
ビビッドだけれど配色の妙、全く着辛くはありません。

また、第一ボタンホールが横向きなので
おそらく1950年代のものかと思いますが、
その長い時間の中で出たかすれ具合が絶妙。

例えるならば
画質の悪いVHSの映像のよう。
不安定なクールネス。


身幅の割に意外と何にでも合わせやすくて有難い。
これからの季節はパーカをインして着たりとか。




僕は齢26にしてよーやく純粋に古着を楽しめる様になったみたいです。
ブランドの歴史や年代による違いとか勉強したい意欲がふつふつと。

服の楽しみをまた一つ覚えました。





余談①
千駄ヶ谷のミスターハリウッドの事務所で
デザイナーの尾花大輔さんを見かけました。
(というか気づくや否や凝視)
MA-1タイプのカーキのブルゾンに
グレーに色落ちしたデニムと言う出で立ちでしたが
すこぶるカッコ良かったです。

タッパがある事もそう見えた要因の一つでしょうけれど
それだけでは無い、「オーラ」「雰囲気」

どこで売ってますか?それ...


余談②
気になった物メモ
・ネペンテスのオンブレチェックのカーディガン、チェックシャツ
・TS(S)やエンジニアード・ガーメンツで出ていたチェックポンチョ
・ゴーゲッターで見たオーバーサイズのボーダーニット
・そして今回もまた食べられなかった龍の子の麻婆豆腐




強欲が罪なら、僕は天国へは行けないな。



[PR]
by tspacemen | 2013-09-29 21:58 | wardrobe | Comments(0)

ACRONYM

a0275477_2154599.jpg

3年程前にブランドの存在を知った際、
ハイスペックな機能と、モダンなデザインが高次元で融合している稀有なウェアに
その価格と共に衝撃を受けたブランド
アクロニウム。


a0275477_2154656.jpg

そのブルゾンを友人に頂きました。
きっとすごく高い。ありがとうー

普通のブルゾンに見えますが、
パターンが凝りまくっている。
袖付けがラグランとも言えない独特の付き方で
自転車に乗っていても全くストレス無し。
前開きは逆開ファスナーなので
上から下から自由に開閉できます。


ディテールも盛りだくさんで…
a0275477_2154813.jpg

脇下にはベンチレーション。


a0275477_2154929.jpg

衿は高密フリースで切り替えてあり、
ファスナーをきっちり閉めたら全く風が吹き込まず、暖かい。


a0275477_21541149.jpg

後ろ身頃は前にも増してパターンが複雑。
かなり細いのに運動機能は問題ありません。すごい。


a0275477_21541267.jpg

裏には謎のストラップ。
用途がまるでわかりません…


a0275477_2154135.jpg

袖には親指が出せるフィンガーホールが空いていて防寒○。
左袖には時計用のスラッシュがコンシールファスナーで作られている。


a0275477_21541534.jpg

腕にはポケットと共に
イヤホンを付けておけるマグネットが。




こんなのがあったら便利だな、
と言うギミックが随所に施されていて
驚きます。
それでいてかっこいい。

どのようなシチュエーションを想定して作られたのかはわかりませんが
これからの季節の自転車行動にうってつけ。

似合うと太鼓判も頂きましたので
がっつり着させてもらいます。




モード、ストリート、古着にスポーツと
統一感の全く無い服のチョイスをしていますが
少しずつ少しずつ
他の誰でも無い、
自分らしい服装へと収束して来ているような気がするような、全然そんな事無いような。

何を着ていても お前らしい、
と言われるような独自のかっこいいスタイルを確立できたら
それは究極だなあ。


ともあれG、感謝っす!
[PR]
by tspacemen | 2013-09-29 21:07 | wardrobe | Comments(0)

朝から濡れ鼠

大手商社なんぞに負けてたまるかプレゼン前日の服装。

a0275477_2174734.jpg

Shirt : Sacai
Tee : American Apparel
Pants : David Lindwall
Shoes : Converse


サカイのシャツを着て普通に過ごせる気候になってきました。
ダークトーン選んで、僕には正解。

アメアパのTシャツは
2008だかのサマソニに出演した
The Varveのリチャード・アシュクロフトがペールイエローのポケTを着ていて、
それに完全に影響されて。
前々からポケT探しているのですが なかなか良いものがありません。

オールスターはアディクト欲しいけど買えないので
気を紛らわすために…




明日はもっと涼しくなるみたいですね。
プレゼン、気張って行くぞーい。
[PR]
by tspacemen | 2013-09-27 02:03 | fashion | Comments(0)

そして僕のブラックスリム

デニム軍団 最後の一角。


a0275477_2133279.jpg

David Lindwall Reborn 1982の
サイドジップジーンズ。

Tee以外のアイテムが出た最初のシーズンのもの。

過去の記事でもご紹介しましたが
デザイナーのディヴィッド・リンドヴァルは
元々エディ・スリマンのディオールオムでモデルをされていた方。

2005年前後のショーには欠かせない、
言わばブランドの顔 の様な存在でしたが
当時より自作で服を作っていたりしたみたいで
ハイブランドのクリエイションに、モデルとして近いところで触れていた経験は
如何無く発揮されているもよう。


このパンツの特徴は
長く取られたサイドジップもそうですが…

a0275477_2133528.jpg

膝下、すね

a0275477_2133888.jpg

膝裏、モモ

a0275477_2134014.jpg

おちり

そして足の付け根のはぎ目じゃ無いでしょうか。
こんなにパーツ数の多いデニムは他に見た事がありません。

運動機能とデザインを兼ねている、
との事ですが
細過ぎてその恩恵に預かっていません。
(28インチ、見栄張ってムチムチコースご案内)


他にもディオールオムよろしく
a0275477_2134226.jpg

フロントホックだったり、

a0275477_2134432.jpg

キーループが付いていたり。


ラインはやはりのパイプドステムですが、
切り替えの多さが若干のハードさを加えてくれているので
あまりナヨっとしません。

そして嬉しい日本製。
生地だけか、縫製もかは失念…
ディオールの伝手?




がっかりポイントはPUが2%とは言え 入っている事。
確かに細めに穿くのであれば必要かもしれませんが、
長く穿き込みたい僕には
劣化が早いわ、リペアに難があるわで歓迎できません。

第一切り替え多くてポリウレタンの伸びがさほど感じられんぞ。

でも たとえウレタンが入っていなくっても
これだけ縫い目が多かったらどの道 修理は大変だ。



生地が伸びたのか 僕が細くなったのか、
多分前者でしょうが 穿きづらさが若干緩和されてきているので
タンスの肥し脱出。

モード寄りに振れたい時に。
[PR]
by tspacemen | 2013-09-26 23:17 | wardrobe | Comments(0)

袖を通し、街に出よう

やはり僕はリアルな服が好きだ。


a0275477_0245731.jpg

今月のhuge、デイリーウェア・イシュー。

日本のブランドでは今 最も好きなunusedのインタビュー、
パーソナルなアイテムの特集。
今買うべき〜
と言う言葉がよもやこの雑誌から出るとは思いませんでしたが
定番として永くクローゼットに残せそうなチョイスはグッと来ます。
TAME IMPALAへのインタビューも普通のファッション誌ではあり得ないですね。


流行りとか廃りとかそんなのどうでも良くて
ただ自分、でありたい。
[PR]
by tspacemen | 2013-09-26 00:13 | book | Comments(2)

凍てついた懐

会社から僕の口座を経由し、カード会社へと金がスライドして行く準備日の服装。


a0275477_21067.jpg

Tops : Phingerin
Pants : Adam Kimmel x Carhartt
Shoes : Palace x Reebok
Socks : Wig Wam
Glasses : 白山眼鏡店
Belt : Used
Watch : Casio
Bracelet : Jam Home Made


フィンガリンのパイルカットソーはかなり気に入っていて、よく着ています。
二枚買っとけば良かったなぁとか思うくらい。
ちょっとくたびれてきたかな?

パンツはゴツい僕の下半身には少し辛いのであまり穿いていませんが、たまには。
ロールアップでクロップドに。
ソックスが少しだけ見えるくらいの丈が落ち着きます。

パレス×リーボックもすごくツボです。
無理を押して買って良かった…




最近先輩、友人達と秋冬ファッション談義で盛り上がっていますが
歩を踏み出すには冬の価格は僕には過酷過ぎる…
[PR]
by tspacemen | 2013-09-25 22:49 | fashion | Comments(0)

ダルダル

a0275477_23481124.jpg

秋なのか夏なのかはっきりして欲しいですよ全く。


朝晩の涼しさに思わず
「ついに俺の季節が来た!」
と心踊ってしまい、
今日はニットで出掛けましたが
まー暑かったですね。


職場は女性陣がエアコンの主導権を握っているので今日は稼働せず。
女の子には冷えは大敵、と聞きます。

下にはダメージ推進中のなんとも言えないTシャツを着ていたので脱ぐに脱げず、
熱がムンムンにこもる建物の中で
じっとりと嫌な汗をかいてしまいました。
いやしっぱいしっぱい。


そんな秋のフェイントにかかる僕と 不運な一日を過ごしたニットは…


a0275477_23481425.jpg

初めての、そして今の所 唯一のmiharayasuhiroもの。
2011年春夏のジャガードニット。

グランジ×スクールと言った内容の、
個人的には大好物のコレクションでした。
このニットは象徴的なアイテムの一つだったような。


a0275477_23481534.jpg

コレクションより。
今日はこれ一枚に黒のワークパンツ、
スケートシューズで出勤。
30点。雑過ぎ!
キャップを被れたら あるいは結構良かったかもしれませんが、
職場はキャップ禁止です。


コットン100%、着心地良し。
織りが二重になっているのでダメージが広がらず、
結構ラフに扱えます。
選択表示無視でガンガン洗っしまっていますが
購入時よりももっとダルンダルンに…

オーバーサイズも気になって来ているので
まあ問題無し、です。


ミハラヤスヒロは気になるアイテムがちらほらあるのですが
購入の優先順位の上位には登らないのです、何故か。
日本のランウェイショーをやってるブランドはどこもズドン!と来ません。





最近髪が結構伸びて来たので
昔、同じくロングだった頃の服装がまた似合い出しました。
短髪にすると父っちゃん坊や、
ミドルだと昭和感が溢れる顔立ちなので
当分は伸ばして行こうっと。
かなり時代に逆行していますが…


逆行ついでに
ショーン・サムソンの服もかなり気になっております。
あのバランスは全然メインストリームではありませんね。




a0275477_23481745.jpg

スクールと言ってまず思い出した曲は
M83のKim & Jessie。
ジャケットからしてもモロ過ぎ、でしょうか?

M83 / Kim & Jessie

オフィシャルビデオがこんな感じだったとは知らなんだ。
[PR]
by tspacemen | 2013-09-24 22:59 | wardrobe | Comments(0)

浪費家、靴下に目覚めるの巻

a0275477_11553416.jpg

前に買ったっきり、
凄くはまっているWIG WAM。
CYPRESSのグレーとライトグリーン、ミッドカットの白を追加購入しました。

履き心地もさる事ながら
29cm対応、と言うのが非常にありがたい。

日本製の靴下はなかなかこのサイズが無いので
ショートな物は履いているうち 踵が脱げてきてしまったり(ストレス!)
ロングは生地が伸びて穴がすぐ空いてしまったり。(ショッキング!)

馬鹿の大足も楽ではありません。
でもスニーカーは入荷数こそ少ないけれど、
セールまで残りがちなのでそこは得してるかな?
10 1/2とか11とか、デカ履きする人でもなければ
そうそう売れませんからね。



しかし靴下に何ら関心を持たなかった頃に比べたら
結構なお値段出してますね。
以前は3足1000円でも渋々…
だったことを思えば進歩しました。
出費先が増えたとも言えるけど。


下着もちょっとした物探そうかな。
気になり出すとキリがありませんね。


でも、値段が低めだからとバカ買いして貧困、
のコースが見える気がするので
何にせよ慎重に…
[PR]
by tspacemen | 2013-09-23 11:25 | wardrobe | Comments(0)