<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

前世の業なのか

お昼のカップラーメンには水を注いでしまい


先輩の代わりに行った商談では自身の担当外の事でクソミソに怒られ


23時ごろ同僚が放ったらかしにしていた仕事を発見してしまい、至急処理して


夕食にと入った蕎麦屋ではあとから入ってきた人に肉そばを持っていかれ、
一口食べられた上に「何だよ兄ちゃんのかよ、紛らわしいんだよ」となじられ


電車ではおばさんのまくらにされ


コンビニでせめてもの慰めにビールを買ったら
レジで二本とも落とされ


帰宅後窓を閉めようとしたらアボちゃんを倒してしまい
CDコンポが付かなくなり




今年一番ヘコんでおります。




これが…カルマか……


明日は尋常じゃないくらいハッピーになる前振りなんだろ…

a0275477_0261242.jpg

[PR]
by tspacemen | 2013-08-31 00:11 | days | Comments(0)

James Luther Dickinson / dixie fried

蒐集再開です。
a0275477_0582354.jpg



ローカルバンドを幾つか経て
セッションミュージシャンとして、
またプロデューサーとして
ストーンズ、ライ・クーダーを始め数多くのアーティストの作品に参加。


また自身と同じようなセッションミュージシャンを集めて結成した
伝説的なバンド、
ディキシー・フライヤーズの中心として活躍した
“キャプテン・メンフィス”ことジム・ディッキンソン。


a0275477_0582198.jpg

僕はスペクトラムのソニック・ブームとの共作、
Indian Giverで彼の名を知りました。

こちらは
砂埃舞う通りの脇のスタジオで歌う情景の浮かぶ
ジムの がなるような声にトレモロの波が干渉して

「どこにも無かった過去」

を体験しているような、怪しげな(そしてもちろん最高な)サイケアルバムです。

Spacemen 3の曲の再録も
広大なアメリカの土地に見合う、
日の下に開けた仕上がりで これはこれで面白い。


で、
今回紹介するのはそのJim Dickinsonの1stソロアルバム、
ディキシー・フライド。


墓石よろしく、
自らの名が刻まれた石の上に
白のスーツで立つ彼は…

ん…?

シャツから腹出てる…



70s'の雰囲気たっぷりな
ファンキーかつフォーキーなロックンロール。
がなるようなボーカル、場数の多さを物語るソウルフルなピアノ。
気心の知れた仲間との
息のあったセッションから生み出されるグルーヴ。
アメリカ最西端、そして南部のムードを感じさせる、
泥臭く、独特のダルさを持った
古き良きアメリカそのものと言った作品です。


まあ、行った事なんてもちろん無いけれど、アメリカ。

良いんです世の中の大体は曖昧なイメージで出来ているんです。
日本人は殺人拳法を習得したサムライで、
みんなウォークマンを持っているのです。



惜しくも09年に67歳で亡くなってしまいましたが
多くのミュージシャン達の裏方としてずっと活動していた彼が
ピアノの前で笑いながら
自分の好きなように曲を録っていたと思ったら
何だか余計に素敵なアルバムじゃあありませんか。

Jim Dickinson / Dixie Fried

[PR]
by tspacemen | 2013-08-29 23:38 | music | Comments(0)

ドット・アリソンと言えば

そうそう
Dot Allisonのライブに行った事があると書きましたが…

a0275477_1391946.jpg

もちろん物販でTシャツ、買いましたよ。
やだ...すごく...ダサい......

これ、なんのプリントかというと


a0275477_1392230.jpg

3rdアルバムのブックレットの最後のページの写真。

見ただけじゃ何だか分かりませんよね。


でもなんだかんだ言って
くたびれる位には着ていると言う…
[PR]
by tspacemen | 2013-08-29 01:33 | wardrobe | Comments(0)

明日は必ず来る

a0275477_1261788.jpg

今月に入ってから一度として23時より早く帰れていません。

仕事を引き受け過ぎている感ありありですが、
頼み事は試し事と言いますし
これを回せるようになればスポーンと一皮剥ける、
と思って頑張っております…

そんな、疲労困憊の夜には。


a0275477_1255839.jpg

ドット・アリソン。

90年代初期のアシッドハウス旋風の中に降り立った一羽の白い鳩、
ウェザーオールのプロデュースによるOne Dove。
そのヴォーカリストがDorothy AllisonことDot Allison。
すっごく綺麗な方です。

写真は個人的には傑作の1stソロ、Afterglow。


伸びやかで 甘くドライ、どこか儚げな歌声を持つ彼女は
英国老舗テクノレーベル、ロンドンのワープと双璧を成す
グラスゴーのソーマの総帥Slamや、
ロック、ダブ、ダンスミュージックを縦横無尽に行き来するDeath In Vegas、
ウェザーオールと共にTwo Lone Swordsmenとして活躍したKeith TenniswoodことRadioactiveman、
トリップホップの重鎮、ブリストルのMassive Attackなどなど
名だたるアーティストの作品に参加。

インディー・ロックに愛された歌姫がホープ・サンドヴァルならば
ダンスフロアに愛されたのは間違いなく彼女でしょう。


アフターグロウにはストーンローゼスのマニ、
MBVのケヴィンなどが参加。

霧に投影された、決して掴む事の出来ない映像のように
白昼夢の音の世界が展開されます。


a0275477_1261455.jpg

現在までに4枚のソロアルバムを発表していて、
3rdアルバム発表時には来日公演もありました。
渋谷のO-NESTなんつー地方の小箱みたいな会場でしたが
かえってパーソナルな雰囲気のライブとなり、印象に残っています。


a0275477_126752.jpg

(余談ですが、
その時持ち込んだアルバムにサインを頂き、握手もしてもらいました。
はっきり言って惚れた。
上部のサインで名前が分かっちゃうので写真は半切れで…)


オルタナティブ、ダンス、アコースティックと
アルバム毎にサウンドは様変わりしながらも、
そのどれもが愛しく思えてならない。

1stより、Tomorrow never comes


2nd、SubstanceよりLover


3rd、Exaltation Of LarksよりThief Of Me


4thアルバム、Room 7 1/2よりPaved With A Little Pain

[PR]
by tspacemen | 2013-08-28 23:47 | music | Comments(0)

まーじょこさーん

昨日の夜中、空気をいれていたら
ボォン!!
と…


a0275477_204290.jpg

バーストしてしまった。
僕の素敵な自転車通勤(会社非公認)は
二週間足らずで幕を閉じたのでした…

隣の部屋の人、びっくりしただろうな。


a0275477_204645.jpg

ついでにシート高さも調節。
乗っているうちに下がってるんですよ、絶対。


a0275477_204868.jpg

ポストから13cmです!
ハイ!間違い無く13センチ!
13センチメンタル!

これで下がっているのかどうか確認できます。


しかし乗れば乗るほど、
知れば知るほど改造したいなあ。

ギヤ効率もっと上げたいし
ライザーバーじゃ無くてドロップかブルホーンが良いし
ディープリム履かせたいし
スレッドステムの方が好きだし
フレームもタイヤも太いし



…新たに組んだ方が早いですな。

気に入ったフレームが手に入ったら
パーツ集めに乗り出そう。


ところで自転車で思い出したのですけれど、
魔女の宅急便のトンボって
びっくりする位今時男子のファッションですよね。

メガネ
ディレクター巻き
デニムをロールアップ
革靴

完璧じゃないか!

a0275477_205185.jpg

「あれーホンマや」
[PR]
by tspacemen | 2013-08-27 19:25 | days | Comments(0)

Jonnie Craig

先週末はどこもかしこも
ホニャララ踊りで賑わっていましたなあ!

a0275477_020409.jpg

高円寺、三軒茶屋は交通規制&人人人で買い物になりそうもなかったので
下北をぶらぶら。

正直どこもパッとしないので、
トリキで飲んで帰ろっか
と言うところで見つけた古着屋、「FILM」
ゆっくりできなかったのでまた行ってみよう。

僕は古着に関しては
服好きの中学生が知っている程度の知識しか無いおハナクソ様ですが、
何だか一点一点きちんと選んで買い付けているみたいで、
良さそうなアイテムが幾つも。


でも探し物は残念ながら見つからず、
しょんぼりと服以外のものが陳列されているラックに目をやると。


a0275477_0204114.jpg

ジョニー・クレイグの二作目の写真集、
「I'll Kick You In The Head With My Energy Legs」
スケーターの若者を中心とした、全編モノクロのショット。

うっかりしているうちにどこも在庫切れになっていたのでこれは嬉しい!

彼はポスト・ライアン・マッギンレーと囁かれる
気鋭のフォトグラファー。
ストリートショットを中心とした
リアルで微笑ましく、眩しいほどの若さに溢れた作風で知られています。

イノセントさより、アグレッシブなパワー、
そして動と動の隙間の、穏やかなピュアネスが印象的。

確かVice出身だったような…?


a0275477_020465.jpg

これは最初の作品。サイン入りー。
写真が切れているのはジ様のチンがインしてしまうからです。
あぶない!
こちらはカラーで、おふざけの過ぎるマッギンレーといった感じ。


家で自分が昔撮った写真を見返していたタイミングでしたので
写真熱がムラムラ…
全く技術も知識もありませんが、
撮ってるだけで楽しいのー。




しかしいけてるオンブレチェックの古着のシャツとは
いつ出会えるのでしょう?
[PR]
by tspacemen | 2013-08-26 23:14 | book | Comments(0)

ここまでが飲み、でしょう?

飲んだ帰り、
気になっていたラーメン屋に。


a0275477_218143.jpg

家系 桂家の
らーめん油少なめ麺硬め700円?

この時間の家系ほど頭皮と、肉体に悪い物も無い気もしますが
ラーメンが無くてはしまらないのです。

ピンクがかった粘度の高いスープは
骨の髄まで煮込んでいるからでしょうか、
エグ味がややつよい。
(獣感とはまた別のもの)
なおかつ家系らしく塩辛さは強め。

チャーシューもパサパサとはまた違った、
スカスカとした初めての食感、少ししょっぱい味付け。


うーん、
僕の知っている家系とは何か違う。
スープがまろやかなのに強いパンチがある。不思議…

ごちそうさまでした。




飲みでは自分と服とのルーツを思い出す事ができ、
自分らしく、かっこいいと思える服装をと思い直しました。

さ、今週もがんばるぞーい!



[PR]
by tspacemen | 2013-08-26 02:01 | food | Comments(3)

で、何しに行ったんだっけ?

993も、そう言えば下北で買ったなぁ。
a0275477_16422654.jpg



引っ越しの荷解きも何とか終わったものの、
家具に対して圧倒的に物量が多いため
しまう場所が無くて床に直置き。

段ボールがなくなっただけで
あんまり片付いた感がありません。きたねぇ!泣


と言う訳で昼頃から家具屋巡り。
そして流れ流れて下北へ。

小田急線の駅が無くなってすっきりしましたねえ。
色んな話を聞きますが、いつも通り賑わってます。
やっぱ好きじゃないけど…



あくまでついで程度に服を見ていたら
そこにNonnative × Newbalanceの1700が。

1700はワイズが狭いからなぁーと見てみると
まさかのハーフサイズアップの11。


a0275477_1642308.jpg

買っちゃった…

アズールとビビッドレッド、サンドベージュの
変則トリコロールカラーが素敵。
ノンネイティブ、やるじゃん。


a0275477_16423170.jpg

イカツい横顔。
アッパーも悪そうな顔してますが
ソールは更に、です。
好き嫌いが一番別れるのがここでしょう。
個人的に、ニューバランスの中で最もストリートライクなデザインだと思います。


a0275477_16423968.jpg

ヒールにリフレクターが配置されていますので
仕事帰りの自転車も安心なんだよかーちゃん。


内側のレザー銀面が一部剥がれてしまっていますが
概ね状態よし。
ソールの削れも全くありません。

そしてお値段5000円でした。
安物買いの銭失いとは言わせない。
いや、まあ確かに銭失っては居ますが。

最近ほんとにプロパーで買い物してないな…。




結局ダイニングの床の1/3をスニーカーが占める現状が悪化…
もはや見慣れてきたぞ…
[PR]
by tspacemen | 2013-08-25 18:02 | wardrobe | Comments(0)

MARNI MENS 2013S/S トートバッグ

春夏はこれにて買い収め!

a0275477_1142426.jpg

シーズンの立ち上がりから欲しくて堪らなくて、
何度も何度も青山の今はもう無くなっちゃった路面店で肩にかけては
値段と葛藤していた、
Marniの大容量のキャンバストートバッグ。

海外サイトで40%OFF、ようやっと購入。
ネイビー×マスタードと迷いましたが
鮮やかなグリーンが今の気分。
マルニは本当に色使い、分量のさじ加減が抜群です。可愛すぎる。
でもiPhone効果でくすんじまってますな…


a0275477_1142760.jpg

デカい保存用の袋と、ファスナー開きの…これなんていうの?ポーチ?付き。

a0275477_1142929.jpg

ごっついキャンバス地に、取手はさらにごついツイル。
これはタフそう…

だけど、グリーンとオリーブの切り替えの内側が
接着テープ+ステッチで始末と言うのが許せん。
もっとちゃんとして欲しかったなぁ。
どこもこんな物でしょか?


長年使い込むとキャンバスはいいくったり感が出ますから、
仕事でもガンガン使って行こうと思います。




バッグ買うのって独特の高揚感がありますね。
女性が集めたくなるのもわかるなぁ。

でも、今年はもう我慢!
[PR]
by tspacemen | 2013-08-24 11:11 | wardrobe | Comments(4)

ずっきゅん!

倍率がどの位だったのかは分かりませんが
取り敢えず当選。


a0275477_2304376.jpg

Dommunelive premium
My Bloody Valentine-World Premium Live

ドミューンゼロに行きはぐって以来
この団体のイベントには不信感を募らせていますが、
ライブに関しては行ける時に行っておかないと
(特にマイブラッディヴァレンタインに関しては)
と言う思いがあるので…

マイブラは前の日本ツアーに行けた事もあり、
僕のワクワクの70%は
相対性理論を生で体験できると言うところが占めています。

メンバーが変わったようで、
シフォン主義を愛聴していた身からすると
少し寂しいです。


でも
いつもながら問題は
“仕事を定時で抜けられるのか”
と言うところに集約されますが…


そうそうどちらのバンドも最新アルバム買ってない。
これはいけません!
週末はレコード店に走る事に決定です。


ああほんとに頑張りますから、
お願いですから、
この日は早く上がらせて下さい!


MBV / What You Want

なんだかんだこの曲がラブレスの中ではかなり好き。

相対性理論 / 気になるあの娘

相対性理論もすごく好きですけど、
何でこの二組がブッキングしたのかは今月最大の謎。
[PR]
by tspacemen | 2013-08-22 02:04 | music | Comments(0)