<   2013年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

太りたくない!

a0275477_614312.jpg

けどラーメン食べたい!

ライブ終了後に 三鷹の行きつけの焼き鳥屋で軽く飲んで
常連さんたちと一緒に近くのラーメン屋
「おやじ」へ。

写真は豚骨ラーメン600円。
替え玉は一回まで無料です。


ここに来ると毎回飲みメインになってしまう…

この後寝たのち、
二日酔いに悩まされる事必死。


しかし何杯もお酒をご馳走になってしまって
Rさん、ありがとうございます!
[PR]
by tspacemen | 2013-03-31 06:08 | food | Comments(0)

今日のMOON DUO!!

行けませんでした...

仕事終わったの、23時でした。
かなしい。


あんなアンダーグラウンドな人たち 次に来るのなんていつになるのでしょう。

はー。





という方。
朗報ですよ!!


明日代々木公園で開催される春風'13で彼らのパフォーマンスが見られます!
ただです! 13:00頃かららしいです。
イヤッホーイ


昼間はデートだよ...
といううらやましい方!!


今晩悪夢にうなされて下さい。
重めのやつ。


で、明日の夜
三鷹の「おんがくのじかん」というライブハウス(なのか?)に行ってみて下さい。
そこでも出ますので。
あーなんてやさしい。
a0275477_23215057.jpg



僕は夜行きます。
そして行きつけで酔っ払ってこうと思います。
[PR]
by tspacemen | 2013-03-29 23:50 | music | Comments(2)

ロバート・スミスって日本嫌いだって

聞いてたんですけど。

間違い?


FUJI ROCK FESTIVAL '13最終日のヘッドライナーにザ・キュアーが発表されました。
最近聞き返している所におお、なんとタイムリーなのでしょう。

THE CURE
FLYING LOTUS
KYTE
SUZANNE VEGA
TAME IMPALA
TORO Y MOI
YO LA TENGO
THE XX

見たいのはこのくらいなんだよなあ。
もちろん新しいバンドに出会う事も フェスの醍醐味の一つではありますけどね。


去年は行けなかったし、サマソニはソニックマニアだけで
(THE STONE ROSES目当て!)
いいかなと思っているし。


こうなったら、

行っちゃう??

THE CURE / JUST LIKE HEAVEN

[PR]
by tspacemen | 2013-03-28 22:52 | music | Comments(0)

HYKE

元Greenのお二人によるブランド、HYKE。
なんだか懐かしくって。

a0275477_1371374.jpg

a0275477_1372530.jpg

うーん、かっこいい。

tokyoのブランドは足し算上手が多いように感じますが
モノトーンのみ、アイテムもプレーンなものをサイジングで見せる。
シンプルだからこそ異色、て言う逆説的な状況にありますね。

程よくストリート感がMIXされていて
女の子より むしろ男にうけるような。
メンズもそのうちやってくれないかな。
(往々にして いざメンズ、となるとガッカリする事が多いのも事実ですが)


さて、次は何を買おうか...
[PR]
by tspacemen | 2013-03-27 14:12 | fashion | Comments(0)

けちけちするない、減るもんじゃなしに

と言うわけにはいかないのです。
月末は切実。

a0275477_264256.jpg

「音麺酒家 楽々」 の 肉煮干ラーメン 700円。

〈特製〉じゃない方は初めて頼みましたが
180円しか変わらないし、ぜったい特製のほうがお勧め。
やっぱり満たされませんでした。

おいしかったけれど。



プツプツと芯がわずかに残る極細麺と
煮干強めの醤油スープの相性は抜群。
ぼりぼりと歯ごたえの良いメンマと
ほろりととろけるチャーシュー。
ここはほんと好きだなあ。


暖かくなってきた事ですし そろそろ
チャリを相棒に新規開拓、と行きましょうか?
[PR]
by tspacemen | 2013-03-26 02:14 | food | Comments(0)

紺色のあいつ、でいいっす

a0275477_0155832.jpg

日曜日は吉祥寺の井の頭公園で花見。
そこで前に一度会ったきりの女の子に会って
いろいろ話している中で

「私は絶対お給料を使い切っちゃうような男の子はイヤだなー。
一緒になるんだったら生活力があって安定していてもらわないと!」

的な事を言われて、
僕の数少ない楽しみ
(しかしそれのせいで他の楽しみを味わう機会を消費してしまっている事は間違いない)
を思いっきり否定されちゃったわけですが。


「んなもん知ったこっちゃないっす!」


a0275477_016218.jpg

the quiet lifeという、ロサンゼルスのスケーターブランドの5P cap。
デザイナーは著名スケートブランドのディレクターもやっているとかで
その本気感もまたナイス。
ハードコア路線でも、ポップ路線でもないところに
ロスのスケートシーンの雰囲気を感じます。


池ノ上のmin-nanoてショップで取り扱いがあり、
そちらのブログで拝見→一目ボレ。
しかし週末行ってみるとsold out…

買えない となると、意地でも手に入れてやりたくなる性分でして。
海外のサイトから購入。

この宇宙柄が最高です。
宇宙大好き。時間があれば色々と調べてみたい。
他にも何色かありましたが、やっぱネイビー買っちゃいましたね。



a0275477_1353673.jpg

このベルトを ギュ っと締めて被るのがかっこいいですが
僕の頭部には孫悟空(not オッス オラ)のアレになってしまいます。
悔しいですが、こればかりは文句を言ってもしょうがない…


積年の「被らず嫌い」でしたが
最近のcity boyブームの後押しもあり 気にならなくなりました。
逆に自分が嫌いだと思っていたもの
(それはすなわち自己主張であり、スタイルの表現の一つだと思う)
が、最近いともたやすく受け入れられるようになってきて
アイデンティティーとはなんぞや??と思わないでもない。

それほど似合う顔じゃないので
とりあえず顔がもっとほっそりするまでは 今あるもので満足していようと思います。

毎年言っていますが、今年は本気です。
やせる!!




ところで宇宙つながり。
a0275477_1501130.jpg

ナイキのエリア72コレクション。

だいぶゲテ感漂っていますが、気になります。
[PR]
by tspacemen | 2013-03-26 02:04 | wardrobe | Comments(0)

高山くらいしか…

しらない。

a0275477_2221622.jpg

おー、なんかそれっぽい…


a0275477_22211559.jpg

おおっ!それっぽい!!


a0275477_22211845.jpg

おっ!おー!!それっぽい!!


a0275477_22212072.jpg

おおおおー!!それっぽい!!!


a0275477_22212289.jpg

おおおおおお!!それっぽい!!!!


タップ早すぎだろう高山。
まだやれたで。
初代タイガーも出し切れていなかったな。
長州力を見習ってくれや。
あの年にしてあの闘志、もといガッツだよ。
すごいよな。
なんか涙が出そうになりました。




取引先様のご好意で人生初のプロレスを見に行ってきました。
深夜番組で渋々つけているのとは全く熱量が違いますな。
めっちゃ面白かったです。


先輩には観戦中にずーっとビールを飲ませていただいて、
終わったあとラーメンまでご馳走に。




あーなんかもう…


明日も頑張ろ。
( サービス出勤だけど)
[PR]
by tspacemen | 2013-03-22 22:03 | days | Comments(0)

paperhead

これはかなりいいかもしんない...


a0275477_2373490.jpg
a0275477_2374417.jpg

60年代のブリティッシュ・サイケ、
もといpink floydを連想させる
幻想的でもやのかかった、ややヒプノティックなサウンドが特徴の彼らは
アメリカはテネシー州、ナッシュビル出身の三人組。


Do You Ever Think Of Me ?

シド・バレットがいるとしか思えん...



ディレイ、エコーなど「湿った」音に
逆回転や黎明期のサンプラー的なエフェクトを盛り込み
(それはBruce HaackやThe United States Of America、Silver Applesを思い起こさせる)
前述のプログレッシブロック、サーフロック、東洋の神秘主義に秘境の小太鼓。


Can't Keep My Eyes Open




そもそもサイケデリックロック自体 全くもって今日的ではありませんが
このペーパーヘッドと言うバンド、
60年代の隠れた名バンドと言われたら
「あら、そうなの?」
と、ついつい信じてしまいそうなほどに
当時のバンドの、今評価されている部分を抽出しています。


て言うか、
ほんとに昔のバンドだろこれ...


演奏している彼らは常に半目で口元緩く、うっかりすると涎を垂らし
爪は汚れ髪は獣道をくぐり抜けて来たかのような有様、母は悲しむ。

と言う妄想はかどる曲目白押しですが
どうしてかポップ。
しかも一曲が平均3分ほどとなかなかにうまく作りこまれています。


とてもとても
シラフの人間が作ったとは思えない。


Yellow Book

このアルバムには入っていませんがこの曲で彼らを知りました。
[PR]
by tspacemen | 2013-03-22 03:11 | music | Comments(0)

Wangler 124MJ

ここんとこずーっと 古着らしい古着に興味がなくて、
て言うかたくさんの服の中から めぼしいものを探すのが大変で
(腕が疲れてしまう)
足を運ばずにいたけれど
ずっと欲しいなぁ と思っていたものがある。


a0275477_2211930.jpg

The Black AngelsのChristian Bland
(彼は僕のヒーローの一人である)



a0275477_2211876.jpg

元OasisのLiam Gallagher
(彼は僕のカモメ眉毛の一羽である)
などが着ているこのGジャン。


決して着ているから欲しい訳ではなく、
もっと前から欲しかったんですけど
意外にも 好きなアーティストが着ていて余計に。

はい、ミーハーです。



a0275477_2305975.jpg

ラングラーの124MJ。
ようやく状態の良いものを見つけて即購入。
お値段2600円。安い!!


a0275477_2313627.jpg

片方のみポケットが付いたタイプはなんとなくイヤ
ハンドウォームポケットがついていないタイプは野暮ったく見える
ファスナー開きのタイプはまるで魅力的じゃなかった。

リーバイス、リーも悪くなかったんだけど
あまり見ないし、ここの所お株をあげているし、で
あえてラングラー、てのがいいかなーとか。


a0275477_2314269.jpg

タグが三角でロゴが太縄。
これは1976〜1978のもので間違いないでしょう。
35〜37年前ですか、僕より一回り位年上ですね。

この古着独特のニオイ。
久しぶりー。
インディゴも結構残っているので色落ちもまだまだ楽しめるかな?



古着って自分の体にフィットするものが少ないから
出会えた時の喜びもひとしおです。


アームものっそい太いけれど。
着丈ものっそい短いけれど。



そしてネイビー禍にさらされている我がクローゼット…
[PR]
by tspacemen | 2013-03-22 02:32 | wardrobe | Comments(0)

遠くの、ストーリーとは関係ない街で 最強の剣を引き抜いた気分

そんな わけ
僕は晴れてフロッグスキン野郎になったのでした。


a0275477_13133153.jpg

彼女さんより。ありがとう。


a0275477_13145916.jpg

そもそも これを買うために紆余曲折してきたわけです。
マットブラックのフレームに バイオレットのレンズ。
すごく好きな組み合わせ。

僕の顔との組み合わせは…?



もうfrogskinsはお腹いっぱい。
当面アイウェアは自粛しよう。
[PR]
by tspacemen | 2013-03-20 13:47 | wardrobe | Comments(0)