<   2013年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

中国・上海その①

会社を出て12時間。
ようやっとホテルに到着しました。

長かった…



中国は道がでかい!

街灯が高い!

タクシーが運転手さんの趣味で飾り付けられている!

シートベルトしない!

運転が荒い!


ホテルの部屋は…
a0275477_231810.jpg


バスルーム
a0275477_254150.jpg



a0275477_275760.jpg

a0275477_214234.jpg


ホテルにはアメニティーはありません。
あらゆるものが有料。


仕事で来ているので当然観光は出来ませんが
今日から土曜日までどんなものが見られるか楽しみ。


とりあえず…
疲れた……



※ネット環境が良くなく画像がうまくアップできていないかもしれません。
その際は帰国後に再度載せますので文章だけでご了承ください…
[PR]
by tspacemen | 2013-02-27 02:20 | days | Comments(0)

長く続いてほしい夜もある

a0275477_0214617.jpg

吉祥寺ディスクユニオンにて。
Opal / happy nightmare baby

Amazonやオークションなどでは4000円前後で取引されているようですが
国内盤帯なし、900円。
やりー


全然探しても見つからないので
オークションで落とそうかと思っていたところ。

セーフです。
ほんとユニオン様さまです。



このオパールと言うバンドは
Rain Paradeというネオサイケバンドのギタリスト、David robackが
ペイズリーアンダーグラウンドの波紋の中心
Dream SyndicateのKendra Smithを引き抜いて結成された
サイケデリック・ロックバンド。

不穏でノイジーなギターと
ケンドラ・スミスの退廃的なけだるいボーカルに
60年代を思わせる調子っぱずれのキーボードと東洋的感覚。

T.REXを思わせる、闇夜のブギー。
ドアーズの、狂気すれすれのポップネス。
原色のばら撒かれたサウンドではなく
暗色の輝くサイケデリア。

日が昇るのはまだ先だ。



パッと聞き、イギリスのバンドの様な
耽美的、かつささくれ立った雰囲気で4ADのバンドかなと思いきや、
実際はラフトレードに在籍と、やっぱイギリスやん感満載なサウンド。

後期ではUS/UKインディロック界の至宝Hope Sandovalが参加。
ケンドラのそれとは気怠さ以外において全く異なった
サンドヴァルのコケティッシュな歌声に
惚れ込んでしまったのでしょう。

良く分かりますがケンドラがかわいそうだろロバックよ。



この後ロバックはホープ・サンドヴァルと共に新たなるプロジェクト
Mazzy Starを始動。
無垢がゆえの妖艶さを持ったサンドヴァルの歌声に
揺らめくフォーク、闇夜をゆくノイズ。




90年代サイケ、
アシッドフォークの側面の極みに到達してゆく。


magic power



happy nightmare baby

[PR]
by tspacemen | 2013-02-25 00:23 | music | Comments(0)

BUBUKA違い

昼メシに500円も1000円も使えないので
安くて溜まるものが必須条件。

弁当作る時間も無いのでやむなくお昼はカップラーメンにおにぎり。
健康を害しまくった食事ばかりとっているので
家で食べるとき、休日の食事などは
極力体に良いものを作って食べていますが


a0275477_22151334.jpg

誘惑には勝てません。
吉祥寺「ぶぶか」の油そば麺大盛り。
いつでも混んでいますねー
今日は夕方17:00位に訪れ10分待ち。


初めて食べたときは

うわっ
脂っぽ!
なんじゃこりゃうまくねえ!!

でしたが
クセになる味、とはまさにこれ。

まずはそのまま。
ラー油、にんにくを入れてまぜまぜ。
最後はお酢をまわしかけて。
味の変化、麺のもっちり感と香りを楽しむ。
一心不乱に。

おいしい、というより うめえ。
な一杯。(汁は無いけれど)



ところで油そば、
ジャンクなイメージが強いですが
通常のラーメンよりカロリー、塩分控えめなんだとか。
汁まで飲み干さなければさほど変わらないのでしょうが
どうにも空にしたくなってしまう性分でして。


旨いもんたらふく食う。
でも健康的に。
がモットー。

去年の頭から今2キロ落ちていますが
今年はもうちょっと頑張ります。


明日から…
[PR]
by tspacemen | 2013-02-24 22:26 | food | Comments(0)

comaデニムジャケット

a0275477_20562787.jpg

せっかくおねだりしたのなら
一着だけ、と言うわけにも行かないのです。


a0275477_20562075.jpg

サーモンピンクが良いではないですかー
Comaの12ssのデニムジャケット。
ファーストシーズンのもの。

セットアップでパンツもありましたが
上下この色ではシャケ男になってしまいます。
僕はきっと甘塩ですので
ご飯には合いそうもありません。


仕様はラングラータイプに近いようですが…


a0275477_20562240.jpg

シームポケットをわざわざ玉縁ポケットにしたり、


a0275477_20562460.jpg

ボタンが共地のくるみボタンだったり。

デザインの派手さは色位ですが
ニヤリとさせられる服作り。





どのような色落ちをして行くのか
非常に楽しみです。
やや難易度高めな一着かと思いますが
コーディネートの幅を広げてくれることでしょう。

ありがとう、がっつり着ます!
[PR]
by tspacemen | 2013-02-24 20:57 | wardrobe | Comments(0)

禁断症状

今年は頭からいろいろな物を買って
散財年になるかと思われたのも束の間
ただいま平常運転。

物欲には限りが有りませんが
物理的な限界、というものがございまして…



こんな時、気になってくるのは
「成長」
を楽しめるワードローブの具合。

貧乏くさい趣味とか言わないでください。
a0275477_1335513.jpg

デニムを買っては手放し
買っては手放しを繰り返していた日々は昔、
ネイキッド・アンド・フェイマスの
スキニー・ガイがやって来てからと言うもの
あまり目移りしなくなりました。

悪いのは自分の体型だと悟りました。
哀しみは乗り越えられるべきです。


携帯の写真なので全く表情が伺えませんが
ヒゲと膝の成長著しい。

シワの山頂だけでなく、
シワとシワの間、谷の部分も色が落ちて来て
色の濃い斜面とのコントラストがはっきりしてきた。


夏ごろの洗濯に向けてガシガシ履いて行こうと思います。
生地が痛むからあんまり日をおくのは良くないんですけどね。

まあ水色ジーンズ要員にはあいつがいますので。
差別化です。



しかし欲しい物が多い!
ルナグランドのウイングチップ、
ジュリアン・デイヴィッドのチェックブルゾン。


この二つは
ぜってー買う… (ゴゴゴ…)
だから早く給料日よ来い… (マダダ…)
[PR]
by tspacemen | 2013-02-22 00:48 | wardrobe | Comments(0)

タキシードなんて作ったことねぇ

a0275477_1471983.jpg

東京の兄的な友人が結婚しまして
それはそれはめでたい話なのですけれども、
夏頃にあげる挙式用の服を作ってくれと。


なに!
俺が!?
まじか!!??


任せてもらって誇らしい反面、
戦々恐々としている。


人生の一大イベントの引き立て役。

これは適当な物、作れないぞ…


時間が取れるのか
期日に間に合うのか
心配。



ひとまず
近々デザインの相談と採寸を。


…飲みになってしまうんだろうなー




ところで写真は正月に撮った実家の猫、
こてつ君。通称てつお。
名前が変わってしまっているじゃないか!

全く内容と関係はありませんが
今日は癒されたい気分なの…
[PR]
by tspacemen | 2013-02-20 01:46 | fashion | Comments(0)

amos toys

a0275477_22592549.jpg

今年も開催されないのだろうか?
all tomorrow's partiesの日本版、
I'll be your mirror。


2011年の春だったか開催されたフェスでしたが
あるアーティストをキュレーターとして
その人達が出演アーティストを決めると言う
珍しいイベント。

日本版では事務局が出演者を決めましたが
それでもニクいチョイスで
楽しませていただきました。

God speed you! Black emperor
灰野敬二
Fuck buttons
Boredoms
Dirty three
Autolux等々


進行に問題アリアリな感じでしたが…



そのオフィシャルグラフィックを担当していたのが
サイラスなんかでもおなじみ
エイモス・トイズのデザイナー、ジェームス・ジャーヴィス。


いかにもあちらのお家芸とでも言える
愛嬌があって
ポップでカラフルなキャラクターが彼の特徴。

a0275477_22592620.jpg

会場限定で売っていた大ぶりなフィギュアを
勢いで買ってしまって以来
(しかも結構高額だった)
アソート物にも手を出し、
ベアブリックと共に
私的・おもちゃブームリバイバルを
一時期形成しておりましたのはどうでもいい話。



何か特殊な用途があるのかは知りませんが
美少女もののフィギュアを買う気持ちが
全くわからないでもない。


むしろはたから見たらおんなじかも知れない…
[PR]
by tspacemen | 2013-02-18 22:58 | art | Comments(0)

ライトツナだけじゃないんだよ

なんだか最近じわじわ流行ってきているみたいですね。
買えるところが増えてきて嬉しいです。

a0275477_1514467.jpg

いなばのカレー。
イエローカレーも美味。

辛さは全然ですけど
香りとココナッツミルクの風味が
本場っぽい気がします。

…て言うか代々木のタイフェス位でしかタイカレー食べないので
文句のつけどころがわかりません。



そうなんですよ、
もう30の扉も開いてきた歳なのに
ラーメン以外に他人の好みを聞いて
アテンドできる飲食店がわからないんですよ。



何食べたい?
どんな味がいい?
それなら○○行こうか!

コレですコレ。
[PR]
by tspacemen | 2013-02-16 14:41 | food | Comments(0)

3 field rotation

レコード店に行くとまず見るのが
オルタナティブロックの「S」
Spacemen3およびSpectrum、Spiritualized。


めぼしい物が無ければその後はA to Zでしたが
このアーティストのせいでポストロックの「DEF」
(大体一緒になっている)
も先にチェックするように。

Fuxa。


a0275477_853132.jpg

先週末吉祥寺のディスクユニオンで見つけた
フューシャの1st。
初期のコンパイルだというのもどこかで読んだ気もしますが
とりあえず一番古いフルレングスのアルバム。

ところで吉祥寺のディスクユニオンはどうしたのでしょう?
ちょっと臭いアングラな雰囲気が
おしゃれな街?知らねーよ的スタンスを
表現しているのだと思っていましたが
そのギャップに驚きました…と言うのは余談。


アルバムの中身はと言うと
不穏なシンセサイザーの
ドローン、ループの列車に乗っかって
コラージュの星の海、
宇宙の深部からやってくる
粘り強い重低音や発信音をくぐり抜けると
テーブルの天板のように草原だけがぽつんと浮いていて
羊がメーとやる、と言う感じ。

牧歌的スペースロックは彼ら(今や彼)のお家芸ですが
今作は近年のものより
演奏者の存在を感じられる楽曲が多いこと、
より実験音響色の強い曲が多いことが
特徴として挙げられるでしょう。

プラズマに捕まって未開の星に不時着し
地球より文明の発達していない現地民の生活に触れる、
みたいなストーリーを想像してしまう曲も。


エレクトリック・サウンド・オブ・サマーのような
ずっと聞いているうちに
音の中に融解して行くようなアンビエンスとはまた別の
ダリア・ダービシャーやノイ!などへの
愛が感じられる一枚。


以上現場よりお伝えいたしました。
[PR]
by tspacemen | 2013-02-14 02:04 | music | Comments(0)

comaコート

a0275477_22182323.jpg

友人がやっているブランド、coma
おねだりして服を頂きました。


a0275477_22182427.jpg

帆布のコート。
照明の具合で黒に写ってしまっていますが
ナイスネイビーです。

細身で体型補正効果◎
ラグランスリーブで動きやすいのに細いアームもポイント。
パッと見かなりシンプルですが
着てみるとかなりかっこいい。


a0275477_2218253.jpg

そして裏地がロック仕立て。
友人曰く、
運動量の多いところから開いて糸が見えるようにしてある。

いいですよ、特別メリットなさそうですけど
そう言うこだわり好きですよ。
そそります。


もらって以来今日まで
5日連続で着ているほど気に入っています。
まだばりばりですが、
着込んで洗いをかけて
自分の味を出して行くのもまた楽しみな一着。
[PR]
by tspacemen | 2013-02-13 21:15 | wardrobe | Comments(0)