シンプルで奥深い塩

転職が決まってからというもの、
褒美じゃ褒美じゃと食事制限を緩めております。
ユルユルです。


で、
昨日は健康診断。

ハッと我に返って

(あれだけ毎日しっかり飲み食いしてたら
確実に肥えているに違いない…)

とプルプル震えながら体重を測りましたが
昨年より2.5キロ落ちてましたオオ〜。


できるだけ歩き
暇な時は筋トレに励み
なんとなく食事も気を使った成果だ…


なんて安堵していましたが、
その前日は良くしていただいている、
アパレル業界の兄貴的存在のお客様と飲みに行って
終電を逃すまでしこたま飲みに行ってしまったため
その他の結果が気になります…


a0275477_22365223.jpg

ま、
それはそれとして 甘やかしのお陰で麺活が順調。

日曜日は練馬で用事がありましたので、
中継地点の池袋でラーメン。


塩そば専門店 桑ばら
にて、塩玉そば 800円。(たしか)


激戦区池袋において 人気の塩ラーメンのお店。
味の前にまず店主さんのキャラクターが個性的。


a0275477_22365275.jpg

これを見て入ろうという人も居ないでしょう…

店の表と券売機脇には自虐感溢れるアンケート結果。
嫌いじゃない。
むしろシンパシー感じる。


a0275477_22365339.jpg

各メニューの説明もこの有様。

店内にも同じ語り口で張り紙があり
個人的には真ん中あたりの席に座ってそれらを眺めたかった。

奥さんと子供が帰って来ないって言うのはマジっぽいす。




で、
肝心のラーメンはと言うと 僕はこれまで体験した事の無い、
塩で食わせる と言った組み立ての一杯。


スープはダシとタレのバランスがキモかと思うのですけれど
鶏のまーるい旨味はもちろん感じるものの、
それをバシッと吹っ飛ばす塩気。

例えるならパン1のおっさん。
意味不明ですみません。

僕にはすごく斬新でした。
正直、何か間違ったのではないかと言うような。


しょっぱさに慣れてくると だんだん鶏のダシが…
て事は無く
でも(おそらくこれは)うまい、っていう
ちょっと衝撃的な味。


トッピングのチャーシューが絶品で、
分厚めの、炙られたものがドンと一枚乗っかっていますが
香ばしさと旨み、程良い歯ごたえがどストライク。

しかもスープに香ばしさがだんだんと広がっていき
勝手に味変効果アリ。




不思議な一杯だった〜
もう一度食べたい、不思議な中毒性があるかも。

ごちそうさまでした。




さて、
明日はオシャレ極まりない某セレクトのお客様と、
明後日は送別会、と
アルコール続きでございます。

ぼちぼち気を引き締めないと…


[PR]
by tspacemen | 2017-05-17 21:31 | food | Comments(0)
<< 明日職場を去る酔っ払いが思う事 2017GWその④ BBQ編 >>