2017GWその③ 宇都宮餃子について編

さて、
益子から宇都宮駅に送ってもらう頃にはすっかり夕方。

お昼を食べてからそうそう時間も経っていませんが
宿泊先の妹の家には 夕食は食べてくると伝えてありましたので
駅そばで軽く夕食を。


となれば餃子一択、でしょう。


a0275477_21444662.jpg

「みんみん」は宇都宮近辺の人間にとってソウルフードでしょう。
「正嗣」と人気を二分する人気店。

駅ビルのお店は並ばずに入れる穴場
と思っていましたが、意外や意外
かなりの行列になっていました。

ヤキと


a0275477_21444781.jpg

スイをY氏にも体験していただくことに。(奥はもやしナムルだったかな)


餃子はそれぞれ一枚230円。
久々においしー。




まあ、卑下する訳では無いですけれど、
ぶっちゃけ

「うんま!ホッペ落ちちゃう!
いつでも食べられる状態で生きていたい!
常に足を運べる宇都宮市民は本当にうらやましい!
最高!餃子像とツーショットで写真撮って帰ろう!!」

て言うようなものではないです。



「あー今日はギョーザの気分だなー」

で ふらっと寄って、

「うん…うん…」

ってビールと一緒にサクッと食って出る、
みたいな
気軽なファストフードのイメージです。


頑張って並んで食べたらそりゃ美味しくも感じますし、
美味しくなきゃいけない みたいな気分にもなるでしょうけれど
安くて普通にうまい
っていうタイプのお店だと思いますよ。

さらにぶっちゃけると、僕は10円だけ高くても、
餃子の王将の方が好きです、とか…


野菜多めで皮も薄く、ライトな食べ応えなので
老若男女誰でもおいしいって言うのはすごいですね。

僕も定期的に無性に食べたくは、なる。




しかし心なしか街に活気があるなあと思っていたら
どうやら色々と施策されているらしく。

地元が元気になるって言うのは嬉しいものです。


[PR]
by tspacemen | 2017-05-11 21:44 | days | Comments(0)
<< テッカチャンだよ 2017GWその② 茶屋雨巻編 >>