2017GWその② 茶屋雨巻編

歩き回ってお腹も空きました。

ピンからキリまでM夫妻のリサーチに便乗し、
お昼は少し離れた雨巻山にある、茶屋雨巻。


a0275477_09141130.jpg

ピザの有名なお店だそうで
静かな山の中にあるのに ずっと満席状態。

3組待ちでしたので辺りを散策。

a0275477_09141202.jpg

林道は山の奥に続いています。
なかなかこういう場所を歩く事も少なくなりました。

なにせシチーボーイすから。


a0275477_09141368.jpg

席は店内、テラスとテントみたいな…
やつの下。

もちろんこの気候ですから
開放感がある席がいいですね。


a0275477_09141356.jpg

30分ほどで席に。
まずはココナッツカレー。

もうほんと食べ物の写真載せるなって言うような画像ですね。

うまい!


a0275477_09141496.jpg

続いて前菜5品とマルガリータ(だったか?)

ピザはもちもちの生地が最高につき瞬殺。


たくさん歩いて飢餓状態に陥っていた我々。

無限胃袋になっており、
このあともう一枚注文し 誰一人画像を撮ることなく瞬殺。
(ニンニクとアンチョビが使われているやつ。
絶品!だったな)


a0275477_09141508.jpg

デザートにレモンチーズケーキだったかな?
これも美味。

どれも丁寧に作られている印象で
本当においしかった。


陶器市は秋にもありますから、
お出での方は是非足を運んでみてください。


a0275477_21110413.jpg

うむ、満足。


因みに敷地内の広場にはハンモックが張ってあるので


a0275477_21110593.jpg

こんなんして待ち時間を楽しむことも可。

気のおけない仲間と、気持ちの良い自然の中で おいしい料理。
(しかも晴天)


最高でした。
最高でしょ、こんなん。




満たされたところで、
行き忘れていたセレクトショップ「ペジテ」へ。


a0275477_21110693.jpg

雰囲気ありあり。

古民家を改装したっぽい店舗で、
中は天井が高く 厳かでアーティスティックな雰囲気。
しかしながら親しみを感じるというか…

行ってみてください。笑


シンプルでナチュラルなテイストのアパレルと
益子焼はじめ器類、
ヴィンテージの什器がセレクトされており
自然と調和した世界観の打ち出しが非常に印象的。

これは都内でやったら違うでしょう。
益子 だからいいんだな、きっと。


僕みたいにものを減らせない人間にはとても無理ですが
そう言うライフスタイルもいいよなぁ。


a0275477_21110708.jpg

店舗の庭先には藤棚があって、
散り際の最後の花を楽しませてももらえました。

やーステキ。
(僕が言うと陳腐)




金沢、名古屋と今回の益子と
M家には何もかも任せっきりで本当にありがたかったな。

次はフルアテンドで何か企画しないと!


Mちゃん、元気な赤ちゃん産んでね!
二人ともありがとう!!


[PR]
by tspacemen | 2017-05-11 21:10 | days | Comments(0)
<< 2017GWその③ 宇都宮... UNUSED 17-18A/W >>