DIGAWEL 16S/S

そうこうしているうちに 20台最後の1年が幕を開けてしまった。

想像と現実との乖離がギュワーと押し寄せてきてつらいっす。
なんか街、キラキラしてるし。


この年で (色々と) こんなだったら
続く30台てどんな事になってしまうのかしら。

見えない、光が見えない…








さて鬼さん、笑っていますか?


極私的16S/Sコレクションメモ。

トレンチコートはチャリに引きずり込まれ
あっという間にサヨナラとなってしまった苦い記憶。
(セールで買えたからダメージは少なかったとは言えね)

来期のDIGAWELが結構好みです。


a0275477_2026184.jpg

ところでコレクションの画像は FASHION PRESS さんから無断拝借しております。
いつもお世話になっております。(まずいか…?)


バンドカラーやカラーレスアイテムの隆盛が続く16S/S。
(若干安直じゃないかなと思ったり、自分やかましいわ何様やねんと思ったり。)

購入して、まだ着る機会を見計らっている SAMSARAのコート もそうですが
ショップ、チェスター、そしてモッズコートなどにもこれは波及しており
様々なブランドで提案されていますね。

ベージュはトレンドど真ん中のカラーとなるようで、
(もっと薄い色がマストなんだろうな)
と思うと あまりに今時過ぎる気もしますが
生地のこなれ感や、無理していないシルエットが長く着られそう。

かなり欲しい。


a0275477_20432673.jpg

a0275477_20433429.jpg

柄物と言えばチェック、ボーダーくらいしか着ないビビリですが、
エスニックな柄も実は好き。

大胆なカラーリングのペイズリーに惹かれます。


ブルゾンをズバンと行ってしまいたいですが
どうにも自分が着ている想像ができません。

完全に予定調和ですが SUPREMEのアレ
結局買わなかったし
派手柄枠は空いているのですが…




以上が DIGAWEL 4 。

アイテム一点一点にはムンムンとロックの雰囲気がありながら
庶民的なロケーション x スケーター でストリートにスタイリングされているのが良いな。


a0275477_2056271.jpg

DIGAWELからはこのパンツ…

も かなり今時ですね。
クロップドでワイド気味って言う。

しかも白。


何かと粗相しがちな人間ですので、
もし僕が 君のその美しい白さを守りきれる男になったら
その時にまた誘ってくれないか。(錯乱)


意外と合わせやすそうでいいなあ。




いい加減
服にばかりお金を使う訳にも行かないのは分かっているけれども
この調子だと とても脱却出来そうにありません。
[PR]
by tspacemen | 2015-12-11 01:23 | fashion | Comments(0)
<< boostするのか出費を Unused 16S/S >>